北朝鮮 「核実験完了」宣言の真偽は?

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が9月27日、核兵器開発のための実験完了の宣言をしたとロシアの複数のメディアが報じた。

銅像
金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記の銅像(2016年8月20日撮影)

 それらの報道によると、ロシア駐在北朝鮮大使館はこの日、現地メディアに声明を配布した。9月9日に実施した第5回目の核実験によって、戦略弾道ミサイルに装着する核弾頭の特性・作用・技術性能・威力を点検。

 そのため、核兵器の研究・開発業を基本的に完了させたとしている。つまり、これ以上の核実験を行わない可能性があるということだ。

 この極めて重要な発表が、平壌からではなくロシア駐在大使館から行われたということに不自然さはある。

 国連安全保障理事会と日米韓によって強化が検討されている制裁は、核実験実施への懲罰であるよりも、さらなる実験への抑止という意味合いが大きい。ところが北朝鮮がこれ以上の核実験を実施しないならば、それはほとんど無意味となる。

 もしロシア駐在大使館の宣言がその通りであるならば、米国と日本・韓国にとって北朝鮮との交渉の絶好の機会である。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: