力道山が贈ったベンツからお宝を大発見!

 日本政府による北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)への制裁の一部が解除されたことにより、旅行代理店による「北朝鮮ツアー」が出来るようになりました。8月30~31日に開催される「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」の観戦ツアーが販売されています。
 これを企画したのはアントニオ猪木・参院議員。彼がプロレスラーになったのは、1960年に力道山によってスカウトされたからです。アントニオ猪木と北朝鮮との強いつながりは、その偉大な恩師がいたからです。

 力道山は、1924年11月24日に朝鮮半島北側の咸鏡南道(ハムギョンナムド)で、金信洛(キム・シンラク)として生まれました。1940年に力士になるため日本へ渡り、1949年には関脇に昇進。ですが、翌年には廃業してプロレスラーに転身しました。朝鮮人は横綱にはなれない、と悲観したのが理由だという話もあります。
 当時は日本敗戦から時間が経っておらず、人々はそのショックから立ち直れていませんでした。そうした中で、「空手チョップ」という技で悪人役の白人レスラーを次々と打ち倒す姿は絶大な人気を得たのです。力道山には私にも強い思い入れがあり、書棚を調べてみると、彼に関する本は15冊もありました。

 力道山の生まれ故郷がある北朝鮮は、1960年代の初めから彼を評価するようになりました。力道山の生涯を描いた「民族の男」というテレビ映画も制作されています。最近はあまり見かけませんが、平壌市内のみやげ物店では力道山の名前がついた酒やミネラルウォーター、大理石で作った全身像や伝記などが売られていたほどです。北朝鮮では力道山を、日本で暮らしながらも民族の尊厳を守った朝鮮人として高く評価しているのです。

 1971年3月、この国で最高の名誉である「愛国烈士」の称号が亡き力道山に与えられました。これを受け取ったのは、平壌で暮らす娘の金英淑(キム・ヨンスク)さんです。このように、北朝鮮は力道山を「民族的英雄」としています。その理由として、金日成(キム・イルソン)主席へ敬愛の証を贈ったことが大きいのです。そのひとつが高級車でした。

力道山のベンツ
「国際親善展覧館」で展示されている力道山のベンツ(2006年3月2日撮影)

 首都・平壌(ピョンヤン)から北へ直線距離で約120キロメートルにある妙香山(ミョヒャンサン)。風光明媚なこの場所に、2棟の「国際親善展覧館」があります。この宮殿のような施設に、金日成主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記への、世界の国々からの膨大な数の贈り物が展示されています。それらをていねいに見ると、日本を含めた世界各国とこの国との関係史が非常に良く分かります。
 その中に、1962年の金日成主席生誕50年のお祝いとして、力道山が贈ったベンツがあります。金日成主席の現地指導で使ってもらいたいと、自動車を選んだということです。ロールスロイスを贈るつもりで注文したもののなかなか届かなく、手元にあったベンツになりました。力道山は、積出港である新潟までこの車を自ら運転し、朝鮮との間で運行されていた貨客船に載せました。力道山はこれとともに、「金日成元帥万歳」「平和統一」と書いた直筆の書も贈っているのです。

 「国際親善展覧館」は国家の重要施設であるため、撮影と荷物の持ち込みは厳しく禁止されています。私は、力道山に関するものに限定した取材を申請し、交渉の末に許可を得ました。
 2006年3月2日、妙香山へ到着。日頃は団体参観者で混んでいる「国際親善展覧館」ですが、この日は閑散としていました。そのため館内は、照明を落としているのでかなり暗いのです。しかも電圧が下がっているのか、たくさんの蛍光灯が点滅し続けており、それが気になって仕方ありません。靴にカバーをつけて女性案内人について行くと、自動車ばかりを並べた細長い展示室へ着きました。その中には、旧ソ連のスターリンから贈られた車と並んで“力道山のベンツ”が置かれています。
 かつては、この車とともに直筆の書が展示されていたという記録があるのですが見当たりません。職員たちが一生懸命に捜してくれるものの見つからないのです。ところが一人の職員がベンツのダッシュボードを開けたところ、そこに「贈呈目録」が入っていたのです。「乗車一台 一九六二年四月三日」との記載と、毛筆で「力道山」と大きな署名があります。間違いなく本人が書いたもので、今まで公開されたことのない「お宝」の大発見です。

力道山のサイン
「贈呈目録」の力道山による直筆サイン(2006年3月2日撮影)

 「日本の国民的英雄」としてあまりにも高く祭り上げられた力道山は、自分が朝鮮人であることを明らかにできませんでした。ですが韓国からの強力な訪問要請に応じ、1963年1月にソウルへ行って政府高官と会っています。1964年の「東京オリンピック」への南北統一チームでの参加を実現させ、その後に北朝鮮へ帰国することを考えていたようです。
 ところが1963年12月15日に、力道山は暴力団員に腹部をナイフで刺され死亡してしまいました。わずか39歳でした。その事件の原因について、「国際親善展覧館」の案内人は次のように私に話しました。「右翼勢力は、力道山の朝鮮へ帰国する意思を変えさせようと策動しましたが、失敗したので襲ったんです」。
 日本・北朝鮮・韓国という国家間でこの「英雄」を奪い合ったのですが、そのことと事件との関係は謎のままです。亡くなってから半世紀以上が過ぎた今、力道山の祖国への思いは弟子によって受け継がれているようです。

e_04.gif

関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: