北朝鮮 「ビール祭り」へ2回も行ってしまった!

 8月20日から、今年2回目の北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)取材を行った。前回からわずか2カ月にもかかわらず、いろんな変化があった。

ビール祭り全景
「ビール祭り」は、クルーズ船「虹(ムジゲ)号」を含めた大同江沿いで実施(8月24日撮影)

 その一つが、平壌(ピョンヤン)市内を流れる大同江(テドンガン)の川岸で「平壌大同江ビール祝典」が開催されていたことだ。

 平壌郊外にある「大同江ビール」工場を取材したことがある。英国の廃業したビール会社の製造プラントを輸入し、10種類近くのビールを製造。こくと旨みのある味は市民に圧倒的な人気を得て、他の銘柄を駆逐してしまった。

 「ビール祭り」は、8月12日から月末までの午後7時から12時まで営業。ここで提供されるビールは7種類で、50~250朝鮮ウォン。サイズは大ジョッキだけ。この国では、瓶ビールも大瓶しか製造されていない。酒は豪快に飲むのが当然なのだ。

 21日の午後7時半に行ったところすでに席はなく、会場の片隅で立ったまま飲むことになった。次々と来場者があり、通路にも人が溢れている。

ビール祭りウェイトレス
制服姿の女性従業員たちが、ビールジョッキを持って走り回る(8月24日撮影)

 うまいビールが屋外で飲めるだけでなく、人々と触れ合うこともできるため、 24日は営業開始時間前に会場へ行った。ところが席を確保するために、たくさんの人たちがすでに入場していた。

 平日であるにもかかわらず、この日もあっという間に人で溢れる。座っているのが外国人であることが分かっていても、「相席させてくれ」と次々と声をかけてくる。こうした事はこの国では極めて異例なことだ。

 あまりにも大人気なため、この「ビール祭り」は9月9日まで延長されることになった。平壌市民に経済的ゆとりがさらに生まれていることもあるが、娯楽施設が少ない中で、屋外の開放的な雰囲気の中でビールを飲む朝鮮初のビアーガーデンという企画が大ヒットした理由だろう。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: