北朝鮮 平壌で見たピカチュウ

 7月22日から日本でもスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。まだサービスが開始されていない韓国でも、軍事境界線に近い束草(ソクチョ)などでは利用できる。

 北朝鮮と韓国の境界は北緯3 8度線だったが、朝鮮戦争によって軍事境界線に代わった。その位置は、東側地域では38度線より北側にある。このゲームはGPSを使用しているため、38度線以北を韓国ではない地域として設定されているようだ。

 つまり北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)でも、「ポケモンGO」ができる状態にあると思われる。だだし、インターネットに接続できるスマートフォンが必要である。

 取材のために平壌(ピョンヤン)市内の帰国者の自宅へ行くと、居間に置かれたピアノの上にピカチュウがいた。

ピカチュウ
帰国者が大切にしているピカチュウ(2009年4月16日撮影)

 これは帰国者の女性が、日本にいる母親から送ってもらったものだという。大切に飾られているピカチュウから、会うことのできない母親への思いが伝わってきた。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: