オバマ大統領は韓国・朝鮮人被爆者と会って謝罪を

 5月27日に広島を訪問するオバマ大統領は、原爆投下への謝罪をしないことを繰り返し表明している。これに対して、さまざまな批判の声が上がっている。

 23日には、映画監督のオリバー・ストーン氏や言語学者のノーム・チョムスキー氏ら米国の有識者約70人は、オバマ大統領の謝罪拒否の方針を再考するよう促す書簡を大統領に送付した。多くの被爆者と面会することも求めている。

韓国人被爆者慰霊碑
広島平和公園内の「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」

 「韓国原爆被害者協会」は会員らを日本へ送り、 26日夕方から広島平和公園内の「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」の前でアピール行動を行う。

 日本で暮らす朝鮮人被爆者らで組織する「朝鮮人被爆者協議会」の関係者は24日、次のように語った。

 「オバマ大統領の広島訪問は、発言と行動を見て評価したい。核廃絶が進まない原因は米国にある。2009年のプラハ演説から何も進んでいない。朝鮮人を含む被爆者と会って謝罪して欲しい」

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: