北朝鮮 労働党大会に向けての文書が届いた!

 25日の夕方、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の政府機関から、5月上旬に開催される「朝鮮労働党」第7回大会に関する文書がメールで送られてきた。

3人の肖像画
最高指導者たちの肖像画(2012年4月15日撮影)

 各道・市において開催された党代表会で金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が第7回大会の代表に推戴されたことにより、国中がお祝いのムードに溢れているとしている。そして、下記のように党大会を位置づけている。

 「第6回大会より36年ぶりに開催されるこの度の第7回の党大会はチュチェ革命偉業の遂行において歴史的な分水嶺として、さらには我が革命偉業の最後の勝利を繰り上げるための目覚ましい設計図を提示する歴史的な大会となるでしょう。これまでわが人民は朝鮮労働党の指導のもとに戦争に匹敵する厳しい試練と難関を乗り越え、我々の生命であり、生活である社会主義を守り抜き、帝国主義連合勢力のもっとも悪辣な制裁圧殺策動を粉砕して強国建設の一筋道を歩んできました」

 また、最高指導者たちについて次のように述べている。

 「我が人民は今の誇り高い祖国を立ち上げ、守ってくださった金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記に限りない感謝と敬慕を捧げており、国力を最高の境地に到らせ社会主義強国建設の最盛期を開いておられる金正恩第1書記への信頼と尊敬の念を抱いて、第1書記の正しい指導のもとに第7回の党大会に向けて展開されている70日キャンペーンにおいて目覚ましい奇跡と建設神話を創造しています」

 その「奇跡と建設神話」がどういったものか大いに関心があるが、具体的な記載はない。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: