危機は「北朝鮮の挑発」によるものなのか?

 朝鮮半島は、憂慮すべき危険な事態に陥っている。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と韓国・米国との間で、いつ偶発的な戦闘が起きてもおかしくない。

非武装地帯と韓国軍陣地
非武装地帯とその中にある韓国軍陣地(2007年8月19日撮影)

 北朝鮮は3月3日にロケット弾、10日に短距離弾道ミサイル、15日に弾道ミサイルの大気圏再突入の模擬実験、18日に中距離弾道ミサイルの発射実験を実施。これら一連の実験は、7日から始まった米韓合同軍事演習に対抗したものだ。

 韓国軍は21日には、北朝鮮の重要施設を攻撃する訓練を実施。北朝鮮の戦闘機を撃墜した上で爆撃し、輸送機で特殊部隊を送り込むという。韓国国防省報道官は「北の挑発を抑えるための訓練」とした。

 これに対し、北朝鮮の「祖国平和統一委員会」は23日に「重大報道」を発表。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記ら指導部を狙った訓練は容認できないとし、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を「この地から除去する」ための「正義の報復戦に向かう」とした。

 こうした事態は、毎年のように繰り返されてきた。その原因は、3月上旬から約2カ月間にわたって実施してきた最新兵器を投入した米韓合同の大規模軍事演習である。「北の挑発を抑える」との名目の軍事演習が、北朝鮮の軍事行動を招いているのだ。

 つまり、「北朝鮮の挑発」によってこの危険な状況が引き起こされたとはいえない。どの国家でも敵対国に対して、相手の挑発を理由に自らの軍事行動を正当化する。

 国家はそうであっても、国家間の過熱したやり取りを冷静に捉えて報道するのがメディアの役割だ。ところが日本のマスメディアはそれを放棄し、政府発表をそのまま流している。

 日本と直接的な関係がない国での出来事については、まだ自らの視点による冷静な報道が出来ている。ところが北朝鮮についてそうならないのは、「反北朝鮮」を前提としているからだ。

 「北朝鮮を批判しないような記事は掲載できない」と、ある編集者は私にはっきりと語った。北朝鮮に関する出来事への客観的な判断を放棄し、「大本営発表」を流し続けるならば、ジャーナリズムの墓穴を掘ることになると認識すべきだ。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: