北朝鮮の「衛星管制指揮所」を突撃取材!

 先を争って建物に駆け込むと、小銃を持った二人の兵士が立っていた。金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記を描いた大きな肖像画を、なだれ込んだ外国人から警護しているのだ。その前を走り過ぎて狭い階段を上る。撮影機材が重い。

指揮所前
レーダーが設置された「衛星管制総合指揮所」の建物と世界各国からのメディア(2012年4月11日撮影)

 2階からは、1階の体育館のように広い空間を見下ろすことができるようになっている。良い場所はカメラマンですでにいっぱいなので、一瞬ためらったもののソファーの上に靴のままで立つ。

 続けてやって来たたくさんのカメラマンと記者が、前に出ようとグイグイと押してくる。またたく間に、まったく身動きできなくなる。1階へ転落しないように気をつけながら、吹き出す汗を拭く余裕もないまま写真とビデオの撮影を始めた。

管制室内
「指揮所」内部とモニターに映し出されたロケット(2012年4月11日撮影)

 最初に目に入ったのは、正面の巨大モニターに映された映像。それは、発射台に据えつけられたロケットである。発射場のある東倉里(トンチャンリ)から送られてきたライブ映像のようだ。室内にはたくさんの管制卓が整然と並び、白衣を着た人たちがその前に座っている。

 ここは北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の平壌(ピョンヤン)市郊外にある「衛星管制総合指揮所」。2012年4月11日、世界各国からやって来たメディア約170人に、ロケット発射の準備作業が公開された時のようすだ。

 1月29日に日本政府は、北朝鮮に「長距離弾道ミサイル」の発射準備を進めている兆候があるとして、その迎撃を可能とする「自衛隊法」に基づく「破壊措置命令」を出した。

 これを受けて防衛省は、地対空ミサイル「PAC3」を東京・市谷の同省敷地内に搬入し、北朝鮮の方角へ向けて設置。北朝鮮の「ミサイル」が飛来する恐れがある沖縄や都市部にも部隊を配置するという。また防衛省は、海上配備型迎撃ミサイル「SM3」を搭載したイージス艦を日本周辺海域に配置した。

 そもそも、北朝鮮が発射しようとしているものを「長距離弾道ミサイル」と決めつけていることが間違いである。どの国の人工衛星打上げロケットであっても、その技術を弾道ミサイルに転用できる。

 「弾道ミサイルも人工衛星も、ロケットエンジンを使って飛ばす技術・構造は基本的に同じで、先端の搭載物が弾頭か衛星かの違い」(「毎日新聞」2012年12月12日付)

 しかし、北朝鮮が今までに実施した打ち上げはロケットばかりである。2012年12月に発射されたものによって人工衛星が軌道に乗ったことを、北朝鮮だけでなく「北米航空宇宙防衛司令部」も発表。この発射を海外メディアは「ロケット」としたが、日本メディアだけが「ミサイル」とした。

 「米国防総省当局者は28日(現地時間)、AFP通信に『北朝鮮が何らかの発射を準備しているように見える情況がある』とし『人工衛星、あるいは(人工衛星を搭載した)宇宙発射体である可能性もある。様々な推測がある』と明らかにした。この当局者は、発射の動きが『弾道ミサイルと関連している』兆しは何も見られないと付け加えた」(「the hankyoreh」1月30日付)

 このように、米国防総省や韓国メディアは冷静に判断している。今の時点では、ミサイルが打ち上げられると断定できる情報はなく、どちらかなのかはまったく分からないのだ。

 日本を戦争ができる国にしようとしている安倍政権は、北朝鮮に対する恐怖心をこの発射で煽ろうとしているのだろう。

 だが日本のどのマスメディアもそのお先棒を担ぎ、まるで北朝鮮が日本に向けて「ミサイル」を撃ち込む可能性があるかのような報道をしている。こうしたことは、今までにもあった。客観的な判断による報道を完全に放棄していることに、疑問を抱かないのだろうか。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: