「人道目的の船舶」とは「万景峰92号」のこと

 次の日本と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との政府間(外務省局長級)協議が、7月1日に北京で開催されます。日本政府は、北朝鮮が設置する「特別委員会」の組織・権限などが十分であると判断すれば、制裁の一部を解除するとしています。5月29日に発表された日朝合意では、(1)人的往来の規制(2)送金報告などの規制(3)人道目的の北朝鮮籍船舶の日本入港禁止を解除するとなっています。

万景峰92号厨房
乗船取材で案内された「万景峰92号」の厨房(2004年4月28日撮影)

 ところが日本政府は、船舶の入港禁止解除を一部に限定する方針を固めたというのです。「船舶往来を幅広く認めれば、北朝鮮の工作員や違法物品の輸送に使われかねないと判断」(「日本経済新聞」電子版6月28日)し、「万景峰92号」は解除の対象外にするとのことです。

 久々に大きく動き始めようとしている日朝関係に、日本の外務省北東アジア課はずいぶん張り切っているようです。ところが、日朝合意という外務省の成果に、国内の様々なところが難癖をつけたり圧力をかけたりしています。「万景峰92号」除外の方針もその結果によるものです。

 在日朝鮮人の親族・祖国訪問や朝鮮高校の修学旅行は、「万景峰92号」を使って行われていました。ところが2006年の入港禁止によって、航空機を使わざるを得なくなりました。修学旅行の費用は、「万景峰92号」の時は8万5000円だったのが、10万円余分にかかるようになったのです。
 そして航空機の場合は、中国での乗換えの際の肉体的負担が大きいため渡航を断念している高齢者も多いのです。在日朝鮮人の訪朝者数は、2005年は4000人近くで、その3分の2が「万景峰92号」を利用しました。しかし現在、その数は約2000人まで減少しています。

万景峰92号乗船券
「万景峰92号」の乗船券。運賃は往復で5万円だった。

 「万景峰92号」は、親族訪問をする韓国籍や日本に帰化した人も利用していました。私は乗船取材をした際に、韓国政府を支持する「在日本大韓民国民団」の幹部から声をかけられて驚いたことがあります。日本で暮らすコリアンにとって「万景峰92号」は、北朝鮮で暮らす肉親たちと結ぶ重要な存在です。この船の入港禁止は、その絆を断ち切る極めて非人道的行為なのです。

 そもそも、「万景峰92号」を除外した「人道目的の北朝鮮籍の船舶」など日本へ来るのでしょうか。現在、北朝鮮へ人道支援物資を送っている民間団体は、粉ミルク支援の「朝鮮人道支援ネットワーク・ジャパン」だけです。日本政府が食糧支援を再開したとしても、中国で穀物を買いつけるので日本から運ぶことはあり得ません。

 合意のための協議の際、「人道目的の船舶」に「万景峰92号」が含まれるかどうかについて、日本側はあいまいにしていたかも知れません。ですが朝鮮側は、在日朝鮮人の往来にとって重要なこの船を「人道目的の船舶」としていたのは確かです。23日のこのブログでも指摘したように、「万景峰92号」を除外するのは明らかな合意違反です。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: