北朝鮮との戦争に日本の元兵士・民間人を投入した「前科」

 朝鮮半島での戦闘・戦争を見据えた「安保法(戦争法)」が強行採決された。米国と韓国は、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へ先制攻撃を行うための「5015作戦計画」を策定しており、日本が「朝鮮有事」に関わる可能性が格段に高くなった。

 その場合、韓国の同意が必要と韓国・日本政府は表明しているが、はたしてそれが守られるかどうかは疑わしい。というのは、米軍は1950年からの朝鮮戦争の際に、韓国政府の同意を得ず多数の日本の旧日本軍兵士と民間人を使ったという「前科」があるからだ。

ソウルの戦争記念館
ソウルの「戦争記念館」に展示されている朝鮮戦争で使用された兵器(2014年9月10日撮影)

 「国防部軍事編纂研究所のヤン・ヨンジョ部長は米国立文書記録管理局(NARA)の記録を引用し『1950年7月20日の大田(テジョン)戦闘に参戦した在日米軍24師団に付いてきた日本人軍労務者に小銃が支給された。彼らは北朝鮮4師団精鋭部隊の奇襲攻撃を受け数人が死亡した』と話した。当時ロイター通信の従軍記者として活動したチ・ガプチョン国連韓国参戦軍協会長(88)も、『米軍は日帝時代に韓半島で列車の機関士として働いていた本土の日本人を招集し米軍輸送列車を運転させた』と証言した。
 1950年に主に退役軍人で構成された日本の海上保安庁隊員1200人余りが54隻の掃海艇に乗り元山(ウォンサン)上陸作戦と鎮南浦(チンナンポ)、海州(ヘジュ)、群山(クンサン)近海の機雷除去作戦に投入された事実はすでに学界で確認されている」(「中央SUNDAY」2015年9月27日)


 今までもさまざまな噂はあったが、朝鮮戦争が休戦状態のままの中でこうした不都合な事実は隠され続けてきた。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: