北朝鮮の軍事パレードは中国を越えるか?

 9月3日に中国は「抗日戦争勝利70周年」の記念行事として大規模な軍事パレードを実施した。約1万2000人の兵士が行進し、初公開の戦車やミサイルなどの最新兵器が次々と登場。

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)でも、「朝鮮労働党創建70周年」の10月10日に、大掛かりな軍事パレードが準備されている。今年6月の取材の際、すでに平壌(ピョンヤン)市内で行進の練習が行われていた。

 金日成(キム・イルソン)広場で、2008年9月9日の「建国記念日」に行われた軍事パレードの写真を紹介する。

080909金日成広場での軍事パレード

080909軍事パレードの女性兵士

080909銃剣を付けて行進する兵士

080909軍事パレードの兵器を積んだトラック

 北朝鮮で行われている足を伸ばした行進の仕方は、極端に体力を使うという。パレード開始直前に兵士たちが練習しているようすを見ることが出来たが、行進後にはどの兵士もクタクタになっていた。

 兵士たちの一糸乱れぬ行進は、朝鮮人民軍がもっともグレードが高いと思ってきた。だが、中国人民解放軍の行進もなかなかのものだった。否が応でも、北朝鮮での軍事パレードへの関心が高まる。

e_04.gif

関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: