北朝鮮は大干ばつか? 水田を撮影!

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の首都・平壌(ピョンヤン)では、「東平壌火力発電所」の稼動や、2012年の「煕川(ヒチョン)水力発電所」からの送電などにより、電力事情は確実に良くなってきた。

 ところが今年6月の取材で、停電が増えていることを実感した。地方都市だけでなく平壌のアパートでも、小さなソーラーパネルを窓に置いている家が目につくようになった。

 それだけでなく、上水の供給状況も悪くなっている。それは、平壌でのビル建設ラッシュにインフラ整備が追いついていないことが大きいが、最大の原因は水不足である。北朝鮮メディアは「100年に1度の大干ばつ」に襲われていると報道している。どのダム湖も干上がっている状況なのだ。

2015年6月の水田
水を満たした咸鏡北道鏡城(キョンソン)郡の水田(2015年6月26日撮影)

 6月の取材では、地方での水事情のついても気をつけていた。清津(チョンジン)市と羅先(ラソン)特別市のホテルでは断水もなく、時間は限られているもののお湯も供給された。また、どの水田にも水が満たされていた。

 羅先特別市で案内してくれた「人民委員会」の担当者に聞くと「咸鏡北道(ハンギョンブクド)や咸鏡南道(ハンギョンナムド)では水不足はない。起きているのは黄海北道(ファンヘブクド)や黄海南道(ファンヘナムド)など」とのことだった。

 地球温暖化による異常気象によって、北朝鮮でも水害と干ばつに襲われるようになった。北朝鮮での今年の大干ばつは、地域によってかなりの差があるようだ。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: