北朝鮮から届いた郵便物

 昨年10月に訪朝した際、平壌(ピョンヤン)の「高麗(コリョ)ホテル」の近くにある「切手博物館」へ行った。切手蒐集の趣味はないが、どのような切手が新しく出たのか知りたかったからだ。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の政治・社会の動きは、次々と発行される切手からも知ることができる。

 ここでは、さまざまなポストカードも販売されており、その中からもっとも“過激”な絵が描かれているものを選んで自分あてに出してみた。郵便料金は120朝鮮ウォン。9日後に自宅へ届いた。

自分宛のポストカード
「将軍様の女性衛兵たち!戦闘ごとに無敵の勇気を奮え!」と書かれている自分あてのポストカード。

 日本政府は北朝鮮への経済制裁の重要な柱として、輸出入を全面的に禁止している。そのため、観光客が北朝鮮で購入した切手のような極めて低価格のものであっても、日本の税関は帰国時に没収をしてきた。

 この措置は、ホテルのバスルームに置いてある無料のアメニティーグッズまで対象にするなど、北朝鮮への渡航者に対する陰湿な嫌がらせである。こんなことを国の政策として実施するのを、政府関係者は恥ずかしくないのだろうか。

 昨年5月の日朝合意に基づき制裁の一部は解除されたが、あまり重要でない事項ばかりだった。輸出入の禁止は継続されており、隣国との貿易がまったくないという極めて異常な状況が続いている。

 その禁止対象には郵便物も含まれている。2009年6月16日の閣議決定によって、「外国為替及び外国貿易法」に基づく北朝鮮への「禁輸貨物」に郵便物も含まれたのである。

 経済産業省の貿易経済協力局貿易管理部貿易管理課によれば、「受取人の個人的使用に供される衣料、食糧、書籍類等」は措置の例外となっている。1カ月間に1回に限り、小包を出すことができるという。

 だが郵便物への制限を実施した直後には、在日朝鮮人が北朝鮮の親族へ出した小包が日本の税関から戻されることが続いた。国際取引が禁止されていたり動物・植物検疫に引っかかったりするものはそもそも送ることはできないが、北朝鮮向けにはそれを厳格に適用したのだろう。

 また「受取人の個人的使用に供される」という条件によって、北朝鮮の政府機関や事業所あての郵便物はまったく送ることが出来ない。そうしたものに対しては、「禁輸貨物」となるので「輸出できない」との連絡が、日本の税関から差し出し人へ郵便で行われている。

年賀状
北朝鮮から届いた今年の年賀状。左手前が「よど号グループ」からのもの。

 こうした中で、北朝鮮からは今年も年賀状が届いた。昨秋に取材した「よど号グループ」、取材の窓口となっている外務省の外郭団体、そして平壌へ行ったら必ず食事に行くレストランからのものもある。消印からすると、投函されてから6日~9日間で届いている。

 日本の北朝鮮への徹底的な経済制裁は、日本での社会的自由を間違いなく奪ってきた。そのことを伝えようとしないマスメディアに、強い危機感を持つ。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: