米国・日本の北朝鮮交渉は混迷

 米朝交渉が難航している。その最大の原因は、6月12日の米朝首脳会談においてトランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)委員長に約束した朝鮮戦争の終結宣言への署名が行われていないからだ。

将校
板門店(パンムンジョム)の朝鮮人民軍将校(2016年8月21日撮影)

 首脳会談前にホワイトハウスを訪れた北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼統一 戦線部長に対しても、同様の約束をしていた。これがあったため、北朝鮮は大胆な譲歩をすることを決断した。

 ところが現在、米国内ではジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)とジム・マティス国防長官らの北朝鮮への強硬派が巻き返した。つまり現在の膠着状態は、米国が国内事情によって約束を履行していないことにある。

 米朝の仲介役である韓国。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の外交ブレーンである文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官は9月3日、朝鮮戦争の終結宣言は採択しても撤回可能と表明。トランプ大統領が約束を履行しやすいように後押しをした。

 米国だけでなく、日本の北朝鮮との交渉も混迷している。米国の「ワシントン・ポスト」(8月28日付)は、7月に日朝がベトナムにおいて極秘接触をしたと報じた。日本からは安倍首相の側近中の側近の北村滋内閣情報官で、北朝鮮は朝鮮労働党統一戦線部の金聖恵(キム・ソンヘ)策略室長。つまり、両国の情報機関による協議だった。

 日本の外務省は7月1日付で、北朝鮮を専門に担当する北東アジア第2課を創設したばかりだ。にもかかわらず、北朝鮮との交渉で外務省は外されて情報機関が行った。ベトナムでの極秘接触が明らかになったのは、これに不満を持った外務省関係者がリークした可能性が高い。

 米国と日本の政治家・官僚たちは、北朝鮮が核・ミサイル開発をしなければならなくなった理由をまったく理解していない。政府内で主導権争いをしていたならば、昨年の危機的状況を再び招くだろう。

「朝鮮民主主義人民共和国 米国との対決と核・ミサイル開発の理由」(一葉社)1200円+税
楽天ブックス
アマゾン
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: