「朝鮮民主主義人民共和国 米国との対決と核・ミサイル開発の理由」刊行案内

「朝鮮民主主義人民共和国 米国との対決と核・ミサイル開発の理由」
一葉社  2018年7月27日発行 定価1200円+税

米朝対決刊行案内

目 次
第1章 朝鮮は米国をどうみているか
第2章 米国による干渉と敵対の歴史
第3章 核・ミサイル開発の理由と経緯
第4章 朝鮮が米国に求めているもの
第5章 米朝対立と日本

 私の朝鮮取材は2018年7月で39回。さまざまな取材をする中で朝鮮の歴史を知り、朝鮮が米国と厳しく対決し、核・ミサイル開発を推進してきたことには明確な理由があることを知りました。

 2017年の朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)と米国との危機的状況の中で、多くの市民団体から講演に呼ばれました。「なぜ、米朝は長年にわたって対決してきたのか」「朝鮮が核・ミサイル開発を続けるのはなぜか」といった疑問に少しでも答えようとしました。それを、より詳しくまとめたのがこの本です。未公表のものを含め、約60枚の写真も入っています。

 日本や朝鮮・韓国では、米朝対立や朝鮮戦争に関する書籍がたくさん出版されています。ですがこの本では、それらをより長い歴史の中で総合的にとらえ、よりわかりやすく簡潔にまとめました。私の22冊目の本になりますが、ダイナミックに動く政治状況に合わせたタイムリーな出版になったと思っています。

アマゾン
楽天ブックス
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: