歴史的な南北首脳会談の影で日本は?

 4月27日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談が、軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)で開催された。

板門店平和の家
北朝鮮の「板門閣」から見た板門店の韓国側の施設。左の建物は「自由の家」で、その右側が首脳会談の行われた「平和の家」。その右奥には「開城工業団地」が見える。(2014年10月5日撮影)

 北朝鮮側からは10回ほど、韓国側からも訪れてそのようすがすっかり頭に入っているその板門店は、南北の軍事対峙の最前線だった。たった1歩で跨ぐことのできる幅50センチの境界線は、南北分断の象徴である。

 文大統領と握手をした金委員長がそれを歩いて越えた。文大統領が「私はいつごろ軍事境界線を越えられますか」と言うと、「それでは今、越えてみますか」と金委員長が答え、二人は手をつないで北側へ入った。

 南北分断の歴史が大きく変わろうとしていることを示す出来事である。朝鮮半島情勢に40年間も関心を持ち、南北合わせて83回の取材に訪れた者として、大きな感動を覚えた。

 この南北首脳会談は単に3回目ということではなく、過去の金正日(キム・ジョンイル)総書記と金大中(キム・デジュン)大統領・盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領との会談の成果の上に行なわたものだ。

 両首脳は「完全な非核化による核のない朝鮮半島の実現」をうたった「板門店宣言」に署名。朝鮮戦争の終戦を年内に目指すことや、南北に米国・中国を加えた平和体制構築の協議構想などを発表した。おそらく米朝首脳会談においても、関係改善が大きく進むだろう。

 このように東アアジア情勢はダイナミックに動き出しているが、日本だけが完全に置き去りになっている。もちろんその責任は、異常なまでの北朝鮮への敵視政策を進めてきた安倍政権にあるのは明白だ。

 安倍政権は米朝首脳会談の開催が決まると、あわてて日朝首脳会談をさまざまなルートで打診してきた。だが平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式において、安倍首相が北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長に話しかけた際、「植民地支配に対する謝罪と賠償が先」と相手にされなかったという。

 その日本への姿勢は、他にも表れている。今日から訪朝する予定だった地方議員による大型訪朝団が、北朝鮮側の「都合」によって延期になった。北朝鮮にとって、韓国・米国との関係改善を進めることが重要であって、日本との関係改善は後回しにするという姿勢が明確になった。
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: