北朝鮮はなぜ南北首脳会談に同意したのか

 韓国大統領府は3月6日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との首脳会談を4月後半に板門店(パンムンジョム)で実施すると発表した。また北朝鮮は、軍事的脅威がなくなり体制の安全が保障されるならば、核を保有する理由はないと表明したという。

黎明通り夜景
ライトアップが続く黎明通り(2018年3月2日撮影)

 そして南北対話中は核・ミサイル実験をせず、米国と非核化や関係正常化に向けた対話をする意向があるとも表明した。

 河野太郎外務大臣はその発表の前に、北朝鮮が「ほほえみ外交」をするのは制裁が効いているからだとした。しかし2月20日から3月3日まで北朝鮮で取材をした私は、そうではないと断言する。

 首都・平壌(ピョンヤン)だけでなく地方都市においても、車の通行量はほとんど減っていなかった。また、街ごとライトアップしている黎明(リョミョン)通りなどを見ても電力事情に変化はなかった。

 北朝鮮が南北首脳会談に応じたのは、米国・トランプ大統領がまともに交渉できる相手かどうか分からない状況の中で、韓国との関係改善を先に進めようと方針転換したのだ。

 南北首脳会談では、開城(ケソン)工業団地と金剛山(クムガンサン)観光の再開が話し合われるのは確かで、おそらくそれは合意に至るだろう。
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: