緊急集会第2弾「北朝鮮 もう一つの視点」

 昨年12月に続いて、「NPO法人 世界ヒバクシャ展」企画の集会。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で制作された、朝鮮戦争での朝鮮の被害・復興の映画(30分)とプエブロ号事件の映画(15分、英語版に日本語音声を入れたもの)といった貴重な映像も上映する。

プエブロ号
捕虜になった「プエブロ号」の米兵(「米帝侵略軍の武装スパイ船 プエブロ号」より)

 また朝鮮で映画製作をした小林正夫さんが、朝鮮映画の日本での著作権などについても語る。以下は主催者による集会案内。

==============

 平昌オリンピックへの代表団派遣を朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が表明し、南北の融和ムードが高まっています。この流れが米朝対話へとつながり、朝鮮半島の平和への道が切り開かれることを願うばかりです。
 そこで、今の危機の原因を歴史から解き明かして好評を博した「緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点」の第2弾を2月5日(月)に参議院議員会館で開催します。
http://ur2.link/HYcb

平壌
廃墟になった平壌(ピョンヤン)市街地(「廃墟の上に立ち上がった朝鮮」より)

咸興
破壊された日本植民地支配時の咸鏡南道「道庁舎」(「廃墟の上に立ち上がった朝鮮」より)

 今回もフォトジャーナリストの伊藤孝司さんをお招きして、改めて米朝関係を振り返り、日朝の歴史もたどりながら、戦争を避けるための日本の外交や市民の役割を考えます。前回上映して反響を呼んだ、朝鮮で作られた日本初公開の朝鮮戦争の記録映像を再上映するとともに、米朝関係が今のように危機的状況になった「原点」とも言えるプエブロ号事件の日本初公開映像も上映します。
 ぜひご参加ください。

第2弾 緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点
日本初公開映像を交え、日本の進む道を探る
    フォトジャーナリスト・伊藤孝司氏講演
    大反響 朝鮮戦争の記録映像も再び上映

 平昌オリンピックが迫り、南北の融和ムードが高まっていますが、核・ミサイル問題の今後は予断を許しません。フォトジャーナリストの伊藤孝司さんをお迎えして昨年末に開催した「緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点」では、朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で作られた、日本初公開の朝鮮戦争の記録映像
を交えて今の危機の原因を歴史から解き明かしました。
 その第二弾として、今回は、米朝関係が今のように危機的状況になった「原点」とも言えるプエブロ号事件(※1)の日本初公開映像も交えて、改めて米朝関係を振り返りつつ、日朝関係についても歴史を
たどりながら、日本が今後、取るべき道を探ります。

◆日時 2018年2月5日(月) 13:30 - 17:30
◆場所 参議院議員会館講堂
     千代田区永田町2-1-1
     地図 http://bb-building.net/tokyo/deta/457.html
     最寄駅 東京メトロ 永田町、国会議事堂前駅
◆プログラム
◇講 演 「米朝危機の歴史的経緯と日朝の課題」
        伊藤孝司(フォトジャーナリスト)
◇映像上映「廃墟の上に立ち上がった朝鮮」
        (1967年ごろに北朝鮮で制作、30分、日本語版)
     「米帝侵略軍の武装スパイ船 プエブロ号」
        (平壌市内の普通江(ポトンガン)に係留されているプエブロ号艦内で上映されている映像の日本語版、15分)
       ※米朝関係が今のように危機的状況になった「原点」を理解していただける映像です。
◇対 談 「朝鮮映画と日本」
       カナリオ企画代表取締役 小林正夫 & 伊藤孝司
◇民間交流紹介 「南北コリアと日本のともだち展」
◇朝鮮半島の平和に向けてのメッセージ

※終了後に交流会を予定しています。

◆主催 NPO法人世界ヒバクシャ展
◆資料代 1000円(学生は500円)
◆お申し込み 下記申し込みフォームからお申し込みください。
        https://form.os7.biz/f/1dc21f1e/
◆お問い合わせ 080-3558-3369(安在) hibakushaten@gmail.com

※1 プエブロ号事件 1968年にアメリカ海軍の情報収集艦プエブロが朝鮮民主主義人民共和国に拿捕された事件。乗組員は解放されたが、船体は平壌市内に展示されている。

※出演者の紹介
◇伊藤孝司 フォトジャーナリストとして、アジアの民衆の立場から、日本軍「慰安婦」など過去の日本の植民地支配や戦争によって被害を受けたアジアの人々や、日本が行っている日本国内やアジア諸国などでの大規模な環境破壊を長年にわたって取材しています。
WEB 「伊藤孝司の仕事」 http://www.jca.apc.org/~earth/
   「平壌日記」 http://kodawarijournalist.blog.fc2.com/
   「ヒロシマ・ピョンヤン」 http://www.jca.apc.org/~earth/iinkai.html
◇小林正夫 「大映」「トクマ・エンタープライズ」の取締役を経てカナリオ企画を設立。1997年に日朝合作映画「高麗女人拳士」を制作。
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: