「自民党大勝は北朝鮮のおかげ」発言は正確

 麻生太郎副総理は26日、衆院選で自民党が大勝したことについて「明らかに北朝鮮のおかげもありましょう」と発言。これに対して野党から批判が出ているが、それは間違いである。

三池淵の子どもたち
三池淵(サムジオン)の屋外で歌う子どもたち(2017年8月13日撮影)

 安倍首相は、米朝の軍事的衝突が起きる前にとの理由で解散・総選挙を行ない、選挙では「国難」という言葉で「北朝鮮の脅威」を最大限に煽った。麻生副総理の述べたように、自民党大勝の大きな理由はまさしく「北朝鮮」だったのである。

 安倍首相の極端な米国隷属の政策によって、日本の外交力は確実に衰退しつつある。10月27日、軍縮問題を扱う「国連総会第1委員会」で、日本政府が提出した「核兵器全廃をめざす決議案」の採択が行なわれた。

 日本政府は24年連続でこの決議案を提出しているが、賛成は昨年の167カ国から144カ国へと減少。賛成が減った理由は明確である。今年7月に「国連総会」で採択された「核兵器禁止条約」に、米国などの核保有国だけでなく、米国の「核の傘」の下にある日本も反対した。

 日本政府の決議案は、国際社会の核廃絶に向けての画期的な前進である「核兵器禁止条約」に触れることもせず、内容は昨年のものよりも大きく後退。その一方で、「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核・ミサイル開発の脅威」を強調している。

 トランプ政権は原子力空母を3隻も朝鮮半島周辺に配備し、いつでも北朝鮮に軍事攻撃できる態勢にしている。しかもその攻撃では、小型核兵器を使用する可能性もある。そうした中で日本政府は米国に「忖度」し、このような腑抜けの「決議案」を出したのだ。

 28日朝、もう一つ大きな出来事がニュースになっていた。スペイン北東部にあるカタルーニャ自治州の州議会は27日、「独立宣言」決議を賛成多数で可決した。独立を阻止しようとするスペイン政府のさまざまな強権発動を覚悟しての決議である。

 「民族自決」のために犠牲と苦難をいとわないカタルーニャ。それに比べ、米軍の沖縄での数々の横暴に対しても容認し、軍事だけでなく政治・経済でも米国に依存し続ける日本・・・。この国の100年後、200年後を見据えた政治家はいないのか。
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: