北朝鮮 核・ミサイル開発の停止がみえてきた

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は9月15日、中距離弾道ミサイル「火星12」を発射。今回は、米国領グァムまで届く約3700キロメートルを飛行した。

宇宙開発局の説明会
「科学技術殿堂」で開催された「国家宇宙開発局」による説明会(2017年8月16日撮影)

 高度100キロメートル以上の宇宙空間を移動している人工衛星や国際宇宙ステーションなどは、領空侵犯とされていない。今回のミサイルの高度は約770キロメートルに達しており、日本の政府やマスメディアが「日本の上空を通過」とするのは極めて不自然である。

 今回も日本政府は「緊急情報ネットワークシステム」で情報を流し、さらに危機感を煽った。最近では、「防空ずきん」を被せて小学生にまで「防空演習」をし、廃線になった鉄道のトンネルを「防空壕」にしようとする地方自治体まででてきた。この異常な対応について、疑問や批判の声はあまり聞こえてこない。日本はすぐにでも戦争できそうな雰囲気になってきた。

 今回のミサイル発射訓練を視察した金正恩(キム・ジョンウン)委員長の発言を「朝鮮中央通信」(9月16日)が詳細に報じている。

 「われわれの最終目標は米国と実際の力のバランスを取って米国執権者の口からむやみにわが国家に対する軍事的選択だの、何のというたわごとが出ないようにすることだ。米国にとって対処不可能な核の反撃を加えられる軍事的攻撃能力を引き続き質的に固めながら、真っ直ぐに疾走しなければならないと語った(略)今やその終着点にほとんど到達したのだから、全国家的な力を集中して結末を見なければならないと力説した」

 この発言には重要な意味がある。国家の力を集中して続けてきた核・ミサイル開発は、その完成が近いとしたのだ。つまりそれらの実験は、それほど遠くない時期に停止される可能性が出てきた。

 そして「結末」という言葉は、米国との交渉を指しているのだろう。北朝鮮が、国民生活や外交関係などを犠牲にしながらも、核・ミサイル開発に国力を注いできたのは、米国による体制保障を得るためである。米国まで到達する核兵器搭載ミサイルが完成しなければ、その交渉は成功しないと考えているのだ。これは今までの最高指導者たちが、米国との交渉に失敗したことを教訓としているのだろう。

 「国連安保理」などがさらに厳しい制裁を実施しても、北朝鮮の核・ミサイル技術が完成することが明白になった。韓国や日本も核武装して核軍拡の泥沼へ進むのか、米国が北朝鮮との真剣な対話で妥協点を見出すのか。そのどちらかしか選択肢はない。
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: