北朝鮮との戦争の覚悟を求める安倍政権

 日朝は、さらに敵対関係が進みつつある。今までそれはおもに政府間でのものだったが、安倍政権は国民レベルまで積極的に拡大させようとしている。

平壌風景
平壌市内(2017年4月12日撮影)

 日本政府は4月21日、都道府県の危機管理担当者を集めて説明会を開催し、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)からの弾道ミサイルに対する住民の避難訓練を行うよう指示した。それに従い、各地で訓練が次々と実施されている。

 内閣官房の「国民保護ポータルサイト」で着弾情報が流れた場合の行動を示している。
(1)屋外にいる場合は頑丈な建物や地下街に避難
(2)建物がない場合は物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る
(3)屋内にいる場合は窓から離れるか窓のない部屋に移動

 このサイトは、昨年2月以降は月30万~40万件だったが、今年4月には約930万件もアクセスがあったという。

 アジア太平洋戦争中、「防空訓練」が日常的に実施された。総務省のウェブサイトには下記の記載がある。
 「防空訓練は中国と戦争を始めたころから定期的に行われていましたが、太平洋戦争に入ってからは日常化し、家庭の主婦までが参加させられるようになりました。訓練は焼夷弾の処理や消化訓練、防毒マスクのつけ方など実戦的な内容でした。しかし、B29爆撃機による焼夷弾の大量投下の前には日ごろの訓練はほとんど役に立ちませんでした。火を消そうとしてかえって、逃げ遅れてしまい犠牲者の数を増やす結果になってしまったのです」

 現在、日本政府が地方自治体に実施させている訓練はこの70数年前と同じ内容である。さすがに、「竹槍訓練」までやれとは言わないだろうが・・・。

 今年4月・5月、米国による北朝鮮への軍事攻撃が実施される寸前までになった。しかしその時の日本国内には、突如として米朝戦争に巻き込まれるかも知れないことへの驚きと動揺が広がった。

 今月16日には山口県下関市が、韓国の姉妹都市への小学生派遣の中止を明らかにした。朝鮮半島情勢の緊迫化がその理由だという。

 日本政府が全国で実施させようとしている避難訓練は、言葉だけでなく実際に行動させることによって、北朝鮮への恐怖心を感じさせようとするものだ。戦争が出来る国にするため次々と立法を強引に行った安倍政権は、市民に北朝鮮との戦争への覚悟を求めようとしているようだ。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: