北朝鮮 リスク覚悟のミサイル発射実験の理由は

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は5月14日午前5時27分頃に、平安北道(ピョンアンプクド)亀城(クソン)から弾道ミサイル1発を発射した。飛距離約800キロメートルで飛行時間は約30分。そして高度は2000キロメートルだったという。

KN-08.jpg
軍事パレードに登場した「火星(ファソン)12」(2017年4月15日撮影)

 このミサイル発射実験によって、北朝鮮との対話路線を進めようとする韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は間違いなく動きにくくなる。そして、今月8~9日にノルウェーで行われた米朝非公式協議によってできた交渉の機運が途絶えるかも知れない。

 4月18日に北朝鮮は中国へ、20日に核実験を行うことを通告していたという。これに対して中国は、実施すれば完全な国境封鎖をすると警告。つまり、北朝鮮の生命線である石油供給も止めるということだ。そのため、核実験は行われなかった。

 北朝鮮は大きなリスクがあることを覚悟しながら、核兵器とそれを運搬する弾道ミサイルの実験を続けている。それは米韓の反応を見たり、軍事的緊張を高めたりするためではなく、それらの技術を完成させることが目的だ。北朝鮮が核・ミサイル開発をする理由は、朝鮮戦争を終結させ米国による軍事的脅威をなくすこと。技術開発が中途半端な状態での交渉は目的を達成できない、と考えているのは確かだ。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: