北朝鮮 ガソリン価格は急騰したのか

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に支局を置く「中国中央テレビ」と「AP通信」は、ガソリン価格が急騰したり販売制限がされたりしていると報じている。

給油所
「新坪(シンピョン)休憩所」にあるガソリンスタンド(2017年4月20日撮影)

 4月21日まで北朝鮮に滞在していた私は、地方の道路を走る大型トレーラーをひんぱんに見た。これは今までになかったことだ。道路状況は良くないが、物流は確実に向上している。またいたる所で、大型トラクターが水田の田起こしをしていた。

 北朝鮮でガソリンを買うには、ガソリンスタンドで15キログラム単位の給油券を使う。「中国中央テレビ」は25日、90人民元(約1530円)だったのが160人民元(2720円)に急騰したとした。私はこのガソリン供給状況についても取材している。

 12日に「よど号グループ」4人に会った時には、ガソリン価格はわずかに上昇していると聞いた。20日に話を聞いたある運転手は、15キログラム約12ドル(約1320円)だったのが約15ドル(1650円)に上昇したと語った。

 長距離を走る車に、ガソリンを入れたドラム缶が積まれているのを18日に見た。これは、ガソリン供給が滞ることを予測してのことだったのかも知れない。

 中国が北朝鮮への原油供給を制限し始めたのか、北朝鮮が今後の軍事的緊張を予測して使用を減らそうとしているのかは不明だ。ただ中国が制限したとしても、量は限られているもののロシアからの供給が増えるだろう。

e_04.gif
関連記事
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: