朝鮮半島を縦断した日本人探検家(下)

 2007年8月、探検家の関野吉晴さんの朝鮮半島縦断の旅は続く。

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と大韓民国(韓国)に分断されている朝鮮半島。私はその悲劇を、この旅の中で紹介する計画を立てた。

 南北に別れて暮す兄弟を、関野さんに訪ねてもらうことにした。それは、平壌市で暮す白褆寅(ペク・チェイン)さんと、韓国の慶尚南道(キョンサンナムド)の兄の白守寅(ペク・スイン)さん。

 褆寅さんは6人兄弟の次男として生まれた。1943年4月に「徴用」という名で、兵庫県の「明延鉱山」へ連行。ここは銅・鉛・亜鉛を採掘する鉱山である。

 「毎日、死を覚悟するほどの危険で過酷な労働だったため、ここから脱出しました」と褆寅さんは語った。

 戦後も日本へ残り、政治的に支持をしている北朝鮮へ1972年に帰国した。その結果、韓国にある故郷で暮す守寅さんと会うことができなくなってしまう。

 私は褆寅さんを取材したビデオ映像を、韓国のニュース専門テレビ局・YTNで放送。そのことで、2005年に守寅さんが訪朝することができ、褆寅さんと62年ぶりの再会を果したのである。

 8月15日、関野さんと共に褆寅さんのアパートを訪ねた。褆寅さんの部屋は10階にあり、エレベーターで上る。だが、そこで待っていたのは長男と次男だけだった。褆寅さんはこの年の1月に亡くなったというのだ。

霊通寺の関野吉晴
開城の霊通寺(リョントンサ)を朝鮮人青年と共に出発する関野さん(右、2007年8月)

 関野さんの旅はさらに南へ。開城(ケソン)市を経て板門店へ着く。「軍事停戦委員会」の本会議場内へは、南北のどちらから訪れた観光客でも入ることができる。テーブルの真ん中が軍事境界線だが、会議場内であれば自由に歩き回ることが認められている。

 だが、ここから韓国へ入国することは出来ない。関野さんの北朝鮮での旅はここで終わった。空路で中国を経由して韓国へ入り、旅の続きはこの同じ場所から始まった。分断された南と北が、いかに遠く離れていることか!

 関野さんは、釜山(プサン)を目指して自転車で走行。9月4日、その途中で白守寅さんを訪ねた。古い伝統的な家屋に招き入れられた。関野さんは、白褆寅さんが亡くなったことを伝え、平壌で撮影した息子たちからのビデオメッセージを見せた。

 釜山へ着いた関野さんは、対馬までカヤックを漕いで渡り、この「日本人の来た道中央ルート」の旅を終えたのである。

e_04.gif

今年も開催されない「アリラン」公演

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)での大マスゲーム・芸術公演「アリラン」は、今年も開催されないことが13日に分かった。

アリラン祭典のテコンドー
テコンドー姿の出演者。以前は軍服姿で演じられていた(2007年8月15日撮影)

 世界最大のマスゲームとして「ギネスブック」にも掲載されている「アリラン」公演。数万人を動員し、一糸乱れぬ体操・ダンス・アクロバットが1時間半にわたって行われてきた。

 公演会場である平壌(ピョンヤン)市内の「メーデースタジアム」は、15万人の観客を収容することができる。昨年、10カ月間かけて改装工事が行われ、サッカー場の人工芝や観客席が新しくなった。

アリラン祭典の中国国旗
中国との友好を謳う演技が本編の後に加えられた(2010年10月14日撮影)

 毎年の「アリラン」公演の基本内容は同じだが、わずかな変更点が必ずあった。その時の政府の方針や国際関係を反映させてきた。
 そのため私は、平壌滞在中に公演があれば必ず撮影に行った。

 2013年まで夏季に開催され、国内各地からだけでなく海外から毎年1000人以上の観客を集めてきたが昨年は中止。

 今年は、3月4日に解除されたエボラ出血熱での入国規制で開催されるとして、一部の旅行業者が商品を販売している。
 だが北朝鮮の政府関係機関は、「今年のアリラン公演は予定されていない」と私の問い合わせに対して返答してきた。

朝鮮半島を縦断した日本人探検家(中)

 米国の女性活動家であるグロリア・スタイネムさん(81)が5月24日に実施しようとしている非武装地帯(DMZ)を徒歩で越える計画は、まだ実現するかどうか分からない状況だ。

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は前向きに検討しているようだが、韓国は「国連軍司令部」に判断をゆだねた。こうしたことであっても対応を誤ると、南北関係がさらに悪化するかも知れないからだ。
 それほど、朝鮮半島を分断する軍事境界線を越えることは難しい。

 2007年8月、探検家の関野吉晴さんは北朝鮮の北端から韓国の南端までの旅を開始。だが関野さんが、自転車のクランク軸を忘れてきたために、平壌(ピョンヤン)で購入した自転車1台だけで走行することになった。

朝鮮半島縦断の旅は、中国との国境にそびえる標高2744メートルの白頭山(ペクトゥサン)からスタートすることになった。

 コーディネーターを任されている私は、平壌からそこへ行くために、この山の麓にある三池淵(サムジヨン)空港まで「高麗航空」の小型機をチャーターした。10人乗りを予約したのだが、空港に用意されていたのは40人乗りの「アントノフ24」だった。
 航空会社が、燃料消費が増える大きな機体へと変更したのである。その理由が、「天候が悪いから」と聞いて不安になる。

 空港ターミナルから滑走路へ行くまでの誘導路は、雨水で完全に水没していた。少なくても30センチは溜まっているだろ。窓からは、大きな水しぶきが上がっているのが見える。まるで「水上飛行機」である。
 無事に離陸すると、機内には安堵感が漂った。

 三池淵空港からは、チャーターした車で移動する。鬱蒼とした森林を走り続け、ようやく森林限界に出た。なだらかな斜面の先に白頭山の山頂が見える。

 白頭山は活火山で、山頂には巨大なカルデラ湖の「天池(チョンジ)」がある。最大水深が384メートル、水量は19億5500万立方メートルという巨大な池の全景は、なかなか見ることができないという。

 車から降りると、歩行者用の石段が設けられている。以前はこれがなく、車を降りたら山頂の近くだったので驚いたことがある。環境保護のためにも、歩道があった方が良いだろう。

070812白頭山の天池
わずかな時間だけ姿を見せた白頭山の天池(2007年8月12日撮影)

 山頂は、とんでもない強風が吹いていた。しかもその風は、火口へと吹き降ろしているのだ。よろよろと歩いている一行を見て、係員がやって来た。

 「危険なので吹き飛ばされないように!」

 落ちたら助からないだろう。しかしこの風のおかげで、カルデラ湖を覆っていた雲が晴れた。わずかな時間ながら、雄大で感動的な光景が眼前に広がる。超広角レンズでないと、全体が入らない。

 13日午後5時、平壌へ戻る飛行機内はモデル撮影会のようになった。定期便では、女性の客室乗務員にカメラを向けたら「撮影禁止」と冷たく言い渡される。ところがチャーター便なので、実に気さくに写真撮影に応じてくれるのだ。

平壌へ戻ると、自転車のクランク軸は車体に合わせて製作されていた。関野さんがすぐに試してみる。

 「問題なく使える」

 これでこれ以降の、北朝鮮の青年との自転車2台での走行が可能となった。(続く)

e_04.gif

広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: