北朝鮮で予防隔離を受けた!(下)

 2003年4月24日、SARS(重症急性呼吸器症候群)の予防隔離を受けるために乗せられたバスは、一時間ほどで隔離施設の「清川江(チョンチョンガン)ホテル」へ到着。場所は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)平安南道(ピョンヤンナムド)新安州(シナンジュ)。現在行われているエボラ出血熱への隔離でもこのホテルが使われている。小高い丘の上にあって、たくさんの樹木で囲まれている。つまり「隔離」するには打ってつけの場所なのである。

 建物は新しくはないが、部屋は清潔。時間は限られているものの、蛇口からはお湯も出る。食事は質素ながらも多すぎるほどの量で、新鮮な山菜の料理がうまかった。ビリヤードやカラオケなどの設備もある。窓からの新緑が美しく、鳥たちのにぎやかな鳴き声が聞こえてくる。予想に反して、かなり快適な生活である。

 上の階から「サウンド・オブ・サイレンス」や「レット・イット・ビー」の曲が聞こえてきた。このホテルに隔離された外国人は、ドイツ・ナイジェリア・インド・ニュージーランド・フィリピン・中国と国籍は多様。ドイツ人は3人で、その内の2人は何と新婚旅行でやってきたという。

新安州の田園
隔離を受けた「清川江ホテル」から見続けた田園風景(2003年5月2日撮影)

 このホテルは朝食付きで1泊7000円ほどするため、9泊だと約6万円以上。その金が支払えないという中国人が、ロビーで寝泊りしていた。この「事件」について関係者が協議した結果、全員の滞在費は政府が負担することになった。昼間から大量に飲んだビール・焼酎などの代金まで請求されなかった。この予防隔離は、国家の「防衛」のために極めて重大な措置であるからだ。

 この隔離生活という「非常事態」の中で、私を感動させることがあった。このホテルには6人の在日朝鮮人も収容されたが、その受け入れ機関は感染を恐れてようすを見に来ることさえなかった。いくつかの国の大使館が自国民と会うためにやって来たが、玄関先で5メートルほどの距離を置いて話をしただけで戻って行った。

 ところが私を招聘してくれた機関の一人のスタッフは、私が不自由をしないようにとホテルで一緒に生活をしてくれたのである。死亡率の高い未知の病として世界中が恐れおののいている中で、感染を覚悟しての行動だった。思想や価値観が異なっていても、人として相手への深い思いやりがいかに大切なのか教えられた。

e_04.gif

北朝鮮で予防隔離を受けた!(中)

 2003年4月24日、ロシアのウラジオストクで新潟からの航空便を高麗(コリョ)航空271便・平壌(ピョンヤン)行きへと乗り継ぐ。客席は3分の2ほど埋まっていて、そのほとんどは帰国する朝鮮人のようだ。

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の平壌国際空港へ到着したのは、ほぼ定刻の午後8時12分。機体はターミナルビルの前で止まったものの、乗客を降ろす気配がない。電源車からの電力供給がないため、機内の照明はすぐに消えた。
 しばらくするとドアが開き、窓からの薄明かりしかない機内に何人かが入って来た。そして乗客たちへ、手にした箱から小さな棒状のものを取り出して手渡し始めたのである。私には、それは筆記具のように見えた。近づいて来たその人たちが、マスクをして白衣を着ていることに気づく。手渡されたのは体温計だった。

 2002年11月に中国の広東省で発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、一気に感染を拡大。致死率は約15%で、最終的には774人が死亡した。「世界保健機構(WHO)」は2003年3月12日に警報を出す。私が平壌へ着いたのはその翌月の24日で、感染者が急増している時期だった。平壌へ乗り入れている航空便は、北京・瀋陽からのものはすでに運休になっており、このウラジオストクからのものが最後だった。機内での検温は、海外からの渡航者に発症者がいないかどうかを調べるためのものだった。

ウラジオストクの高麗航空機
ウラジオストク空港で撮影した高麗航空機(2003年5月撮影)

 機内に発熱している人はいなかったようで、乗客全員は空港ターミナルへ移動して入国審査を受けた。ところが私だけが、入国審査官に事務所へ連れて行かれたのである。朝鮮入国のためのビザを持っていなかったためだ。
 私のビザは、ナホトカにある朝鮮領事館がいつもと同じように空港へ持って来ることになっていた。ところが、それが届いていなかったのである。おそらく領事館は、このような大変な状況の中で訪朝する日本人などいないと勝手に判断したのだろう。

 長い取り調べの結果、始末書を取られたものの何とか入国が認められた。ようやくターミナルビルを出ると、そこで待ち受けていたのは大型バスだった。すべての乗客は、10日間の予防隔離を受けることになったというのである。この措置はWHOの指導に従ったものだという。朝鮮は、食糧不足によって人々の免疫力は低下し、医薬品と医療機器も足りない。そうした状況で感染者が入国すれば、またたくまに広がってしまうからだ。この2003年より状況はかなり改善されたものの、エボラ出血熱への厳しい措置も同じ理由による。

 外国人と朝鮮人とは別の場所で隔離されるとのことで、指示されたバスに乗り込む。外国人を乗せたバスは、空港から北の方へ走り出した。車窓から見えるのは、明かりがほとんどない風景ばかり・・・。今までさまざまな国で「冒険旅行」をしてきた私だが、待ち受けているこれからの事態を考えていたら、不安な気持ちが一気に押し寄せてきた。(続く)

e_04.gif

北朝鮮で予防隔離を受けた!(上)

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がエボラ出血熱の国内への侵入を防ぐために、10月29日から厳しい対策を実施している。そのため、平壌(ピョンヤン)でサッカーやバレーボールの試合を行う予定だった「日本体育大学」や、粉ミルク支援をしているNGO「ハンクネット・ジャパン」といった日本の団体による訪朝も中止された。

 対策は空港だけでなく、開城(ケソン)工業団地へ陸路で出入りする韓国人などへの検査のためにサーモグラフィーカメラが近く設置される。影響を受けているのは北朝鮮への入国者だけではない。平壌駐在の外国公館や国際機関の職員は、再入国が困難になるかも知れないため北朝鮮を出国できずにいる。

 エボラ対策を行っているのは保健省・農業省・労働省・鉄道省などからなる「国家緊急防疫委員会」。入国したすべての外国人と自国民に対して21日間の隔離・予防観察を実施している。隔離場所は、外国公館や国際機関の職員は自らの代表部、在日朝鮮人は「平壌ホテル」など。そしてエボラ出血熱の発生地域からの入国者は、平安南道(ピョンヤンナムド)の「清川江(チョンチョンガン)ホテル」と、平安北道(ピョンヤンブクド)の「鴨緑江(アムロッカン)ホテル」である。

SARS隔離
「清川江ホテル」では、毎朝、部屋にやって来る看護士たちから体温と脈拍を調べられた(2003年5月1日撮影)

 2002年から翌年にかけて、SARS(重症急性呼吸器症候群)が中国を中心に拡大した。その際に私は、北朝鮮で10日間の予防隔離を受けた。エボラ出血熱での隔離も、ほぼ同じように実施されているのだろう。(続く)

e_04.gif

「高麗航空」機内で消された写真

 今日の「朝鮮中央通信」は、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が平壌国際空港の建設現場を指導したと報じた。その中で、ターミナルビルが「主体性・民族性が生かされるように仕上げる課題を与えたが、そのように出来ていないと指摘」。そして、内部の仕上げ工事を中止して再検討するよう指示したという。

平壌空港新ターミナル建設工事
「朝鮮速度」との看板が掲げられた工事中の新ターミナルビル(2014年9月29日撮影)

 着工から遅々として進まなかった空港の改築工事だが、ターミナルビルと誘導路の建設のためにたくさんの人民軍兵士が動員されている。私は、最近では9月23日・29日、10月2日・9日とこの空港を利用したが、そのたびに工事は進展していた。多くの作業が機械を使わずに行われているにもかかわらず、大変なスピードだ。

平壌空港滑走路建設工事
機内で消去された空港内の建設現場の写真(2014年9月29日撮影)

 10月27日から30日まで訪朝した日本政府代表団への同行記者団は、空港での建設工事のようすの撮影を禁止されたという。空港当局がそのような措置を取っていることを知らされていない私は、9月29日に出国する際に写真を撮った。ところが、離陸した高麗航空の機内で男性の乗員から呼ばれ、デジタルカメラの画像を見せるように言われた。結局、119枚もの写真を消去させられたのである。それは空港での建設工事だけでなく、通勤する空港職員や朝もやの中を歩く人々といったものもある。
 30回以上も取材で訪朝しているが、どのような基準で撮影を禁止しているのかいまだに分からない。TBSの同行記者に報道内容について事情説明を求めたこともそうだが、あまりにも対応が過敏すぎる。しかもそれが、今年になって強化されたような気がする。

e_04.gif

広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: