北朝鮮 建国70周年祝賀行事の写真を掲載

 『週刊金曜日』2018年10月19日号(同日発売)に「北朝鮮創建70周年 英語からITまで人材育成に大変な努力」と題した写真と記事を掲載する。

行進する市民
軍事パレードで行進する市民たち(2018年9月9日撮影)

 9月9日を中心にした北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の建国70周年の祝賀行事を、海外メディアと共に取材。ビデオ撮影だけでなく写真を撮影し、その枚数は約5500枚にもなった。

 誌面には、そこから厳選した写真を中心に、26年間・40回の朝鮮取材からみたこの国の変化について書いている。

北朝鮮の姉との58年ぶりの再会を記事に

 『週刊金曜日』2018年9月28日号(同日発売)に「在朝日本人妻・中本愛子さんを日本の妹が訪ねる 家族が足を運ぶことが日朝改善の“道しるべ”」と題した記事を4ページで掲載する。

中本愛子さん(左)
夜遅くまで語り合う中本愛子さん(左)と日本からの妹(2018年6月23日撮影)

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で暮らす日本人妻・中本愛子さんを、日本から妹が訪ねた。58年ぶりの、感動的な再会となった。

 その実現にいたる私の取材の経緯、日朝で別れて暮らしてきた姉妹の思い、北朝鮮での二つの家族の交流のようすを記事にした。また、中本さんが北朝鮮へ渡ってからの生活のようすがわかる複数の写真を紹介している。

 長いジャーナリスト生活の中で、私の取材によって不可能と思われていたことが実現するということがときどきあった。この姉妹再会の実現は、敵対的状況が続く日朝関係の中で奇跡のような出来事である。

 北朝鮮での取材には多くの制約がある。しかも、写真やビデオの撮影をするのは容易ではない。姉妹再会が実現し、それへの時間をかけた取材ができたのは、私の40回もの北朝鮮取材の積み重ねが大きい。それは、困難な取材を実現させるためのジャーナリストとしての執念と努力の結果だと自負している。

北朝鮮取材「再会 ~日朝に別れた姉妹の58年~」を放送

 昨年4月以降、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の地方都市・咸興(ハムン)まで5回も訪れ、そこで暮らす残留日本人と日本人妻を取材した。それらはテレビで3本のドキュメンタリー番組、雑誌で3本の記事として発表。

日本人妻再会
咸興で暮らす中本愛子さん(右)と日本からやって来た妹(2018年6月26日撮影)

 取材した一人の日本人妻が大切にしてきた、日本の妹から51年前に送られてきた手紙。そこに書かれていた住所で妹を探し出したことから、感動の再会が実現した。朝日放送テレビ制作の「テレメンタリー2018」で、9月23日からテレビ朝日系列で放送する。


再会 ~日朝に別れた姉妹の58年~
 戦後、在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った日本人妻たち。フォトジャーナリストの伊藤孝司は去年、今年と彼女たちへの取材を重ねた。
 そのうちの一人、中本愛子さん(86)は、日朝間の協議が進まず里帰りを実現できずにいる。我々は、中本さんの依頼を受け日本で家族を探した。妹は熊本県で暮らしていた。姉の存在を伝えたところ訪朝を決意。58年ぶりの再会を果たした。「家族が自由に行き来できるようになって欲しい」そう願って姉妹は別れた。
   ナレーター:河野多紀
   制作:朝日放送テレビ

<放送日時>
*各局での放送時間は都合により変更になる場合があります。
 テレビ朝日 9月23日 日曜日0430~0500
      http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
 北海道テレビ放送(HTB) 土曜日2535~2605
 青森朝日放送(ABA) 月曜日2540~2600
 岩手朝日放送(IAT)  日曜日2620~2650
 東日本放送(KHB) 火曜日2556~2626
 秋田朝日放送(AAB) 土曜日2555~2635
 山形テレビ(YTS) 土曜日2625~2655
 福島放送(KFB) 日曜日2555~2625
 新潟テレビ21(UX)  土曜日0520~0550
 長野朝日放送(abn) 日曜日2525~2555
 静岡朝日テレビ(SATV) 月曜日2625~2655 日曜日(再)2655~2725
 北陸朝日放送(HAB) 日曜日2630~2700
 メ~テレ 木曜日0429~0455 火曜日(再)2隔週0430~0455
 朝日放送テレビ(ABC) 日曜日0455~0525
 広島ホームテレビ(HOME) 月曜日2625~2655
 山口朝日放送(yab) 月曜日2538~2608
 瀬戸内海放送(KSB) 日曜日0520~0550
 愛媛朝日テレビ(eat) 金曜日0425~0455
 九州朝日放送(KBC) 日曜日26550~2725
 長崎文化放送(NCC) 日曜日2700~2730
 熊本朝日放送(KAB) 日曜日0420~0450
 大分朝日放送(OAB) 月曜日2615~2645
 鹿児島放送(KKB) 日曜日2555~2625
 琉球朝日放送(QAB) 日曜日2550~2620

「朝鮮民主主義人民共和国 米国との対決と核・ミサイル開発の理由」刊行案内

「朝鮮民主主義人民共和国 米国との対決と核・ミサイル開発の理由」
一葉社  2018年7月27日発行 定価1200円+税

米朝対決刊行案内

目 次
第1章 朝鮮は米国をどうみているか
第2章 米国による干渉と敵対の歴史
第3章 核・ミサイル開発の理由と経緯
第4章 朝鮮が米国に求めているもの
第5章 米朝対立と日本

 私の朝鮮取材は2018年7月で39回。さまざまな取材をする中で朝鮮の歴史を知り、朝鮮が米国と厳しく対決し、核・ミサイル開発を推進してきたことには明確な理由があることを知りました。

 2017年の朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)と米国との危機的状況の中で、多くの市民団体から講演に呼ばれました。「なぜ、米朝は長年にわたって対決してきたのか」「朝鮮が核・ミサイル開発を続けるのはなぜか」といった疑問に少しでも答えようとしました。それを、より詳しくまとめたのがこの本です。未公表のものを含め、約60枚の写真も入っています。

 日本や朝鮮・韓国では、米朝対立や朝鮮戦争に関する書籍がたくさん出版されています。ですがこの本では、それらをより長い歴史の中で総合的にとらえ、よりわかりやすく簡潔にまとめました。私の22冊目の本になりますが、ダイナミックに動く政治状況に合わせたタイムリーな出版になったと思っています。

アマゾン
楽天ブックス

北朝鮮 知られざる在朝日本人妻の実態

 『週刊金曜日』2018年6月8日号(同日発売)に「里帰りを熱望する在朝日本人妻たち」と題した記事を6ページで掲載する。

在朝日本人たち
咸興市で暮らす在朝日本人たち(2018年2月24日撮影)

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が、米国との歴史的な関係改善に大きく踏み出そうとしている。そうした中、異常なまでの朝鮮敵視政策を続けてきた日本は交渉の糸口さえ見いだせず、首相と外相はなり振りかまわず米国詣でを続けている。北朝鮮や韓国・中国との関係改善を怠ってきた日本外交の破たんが見事に表れた。

 日朝関係だけが置き去りになっている中で、日本への里帰りを強く望む人たちが北朝鮮にいる。「差別されて社会的に低い地位に置かれている、収容所へ入れられたり行方不明になったりした人がいる、地方都市で貧しい生活をしている」といわれてきた日本人妻。

 この取材のために、車で5時間かかる咸興(ハムフン)市まで1年間に4回も出かけた。在朝日本人妻7人と一人の遺族を、首都・平壌(ピョンヤン)と地方都市で時間をかけた取材をおこない、その実態を明らかにした。

北朝鮮の日本人についての特番を放送

 私は昨年8月と今年2~3月に、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で暮らす残留日本人・日本人妻、そして「よど号グループ」を取材した。それを2018年4月13日26時32分(14日午前2時32分)から、大阪の朝日放送(ABCテレビ)で1時間の特番として放送する。以下はその番宣。

================

“楽園”の日本人 ~透ける北朝鮮の思惑~
2018年4月14日(土) 2:32 ~ 3:32

北朝鮮には、実は多くの日本人が暮らしている。北朝鮮情勢が大きく変化する中、どのような思いで暮らしているのか。平昌オリンピックが開催されている最中に取材した。
2月末、北朝鮮に入った。朝鮮半島に融和ムードが流れていたが、終了後には緊迫化すると予想していた。取材の目的は、北朝鮮で暮らす日本人を取材すること。実は多くの日本人が生活している。戦後取り残された残留日本人。在日朝鮮人の夫とともに海を渡った日本人妻。
さらによど号ハイジャック犯。フォトジャーナリストの伊藤孝司さんと、それぞれの生の声を聞いた。口を揃えて言うのは、国交の正常化。北朝鮮からのメッセージだ。

◇出演者
伊藤孝司(フォトジャーナリスト)
荒井琉璃子(残留日本人)
中本愛子(日本人妻)
伊藤史隆(ナレーション)
◇監督・演出
【取材】伊藤孝司
【撮影】利満正三
【ディレクター】藤田貴久、島田陽磨
【プロデューサー】藤田貴久
【編集】片山一晶
【音効】前田陽一
◇制作
朝日放送テレビ

放送案内「一度でいいから ~日朝をつなぐ家族の絆~」

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で、2月下旬から3月上旬にかけて日本人妻たちを取材。そのテレビでのドキュメンタリー番組を放送する。下記はその番宣と放送日・時間。

新井さんと日本人妻
寝込む残留日本人の荒井さんを気遣う日本人妻(2018年2月22日撮影)

 北朝鮮に住む日本人妻の問題は、日朝間の重要な議題でありながら、ほとんどその実像が知られていない。フォトジャーナリストの伊藤孝司は、去年、今年と、日本人妻を取材する特別な許可を得て北朝鮮に入った。
 ところが、事態に変化があった。去年取材した日本人妻が亡くなっていたのだ。高齢化し体力も衰えていく日本人妻たち。その多くは、一度も里帰りすることができずにいる。一方、再会を願う肉親が日本国内にもいる。残された時間はほとんどない。
ナレーター:河野多紀
制作:朝日放送

テレビ朝日  4月6日金曜深夜3時30分~(4月7日土曜午前3時30分~)
北海道テレビ放送  土曜25:30~26:00
青森朝日放送  月曜25:40~26:10
岩手朝日テレビ  火曜26:20~26:50
東日本放送  火曜25:56~26:26
秋田朝日放送  土曜25:55~26:25
山形テレビ  日曜26:10~26:40
福島放送  日曜25:40~26:10
新潟テレビ21  土曜05:20~05:50
長野朝日放送  日曜25:40~26:10
静岡朝日テレビ  月曜26:25~26:55 日曜(再)26:10~26:40
北陸朝日放送  日曜26:15~26:45
メ~テレ  木曜04:29~04:55 火曜(再)隔週04:30~04:55
ABCテレビ  日曜04:55~05:25
広島ホームテレビ  月曜26:25~26:55
山口朝日放送  月曜25:42~26:12
瀬戸内海放送  日曜05:50~06:20
愛媛朝日テレビ  金曜04:25~04:55
九州朝日放送  日曜26:40~27:10
長崎文化放送  日曜04:50~05:20
熊本朝日放送  日曜04:20~04:50
大分朝日放送  月曜26:15~26:45
鹿児島放送  日曜05:20~05:50
琉球朝日放送  日曜25:35~26:05
*各局での放送時間は都合により変更になる場合があります。

北朝鮮 平島筆子さん死去についての記事掲載

『週刊金曜日』2018年3月16日号(同日発売)に「日朝関係に翻弄された劇的な人生」と題した記事を掲載する。

平島筆子
北朝鮮へ戻ってから撮影された平島さんとひ孫。「2005年6月18日」の日付が入っている(ご遺族提供)

2月末、取材のために北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を訪れたところ、会う予定の平島筆子さんが死去されていることが判明。急遽、ご遺族から話を聞いた。また帰国後、平島さんを支援してきた方からも話を聞いている。

家族を思うがあまり、日本と北朝鮮を行き来した劇的な人生だった。

緊急集会第2弾「北朝鮮 もう一つの視点」

 昨年12月に続いて、「NPO法人 世界ヒバクシャ展」企画の集会。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で制作された、朝鮮戦争での朝鮮の被害・復興の映画(30分)とプエブロ号事件の映画(15分、英語版に日本語音声を入れたもの)といった貴重な映像も上映する。

プエブロ号
捕虜になった「プエブロ号」の米兵(「米帝侵略軍の武装スパイ船 プエブロ号」より)

 また朝鮮で映画製作をした小林正夫さんが、朝鮮映画の日本での著作権などについても語る。以下は主催者による集会案内。

==============

 平昌オリンピックへの代表団派遣を朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が表明し、南北の融和ムードが高まっています。この流れが米朝対話へとつながり、朝鮮半島の平和への道が切り開かれることを願うばかりです。
 そこで、今の危機の原因を歴史から解き明かして好評を博した「緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点」の第2弾を2月5日(月)に参議院議員会館で開催します。
http://ur2.link/HYcb

平壌
廃墟になった平壌(ピョンヤン)市街地(「廃墟の上に立ち上がった朝鮮」より)

咸興
破壊された日本植民地支配時の咸鏡南道「道庁舎」(「廃墟の上に立ち上がった朝鮮」より)

 今回もフォトジャーナリストの伊藤孝司さんをお招きして、改めて米朝関係を振り返り、日朝の歴史もたどりながら、戦争を避けるための日本の外交や市民の役割を考えます。前回上映して反響を呼んだ、朝鮮で作られた日本初公開の朝鮮戦争の記録映像を再上映するとともに、米朝関係が今のように危機的状況になった「原点」とも言えるプエブロ号事件の日本初公開映像も上映します。
 ぜひご参加ください。

第2弾 緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点
日本初公開映像を交え、日本の進む道を探る
    フォトジャーナリスト・伊藤孝司氏講演
    大反響 朝鮮戦争の記録映像も再び上映

 平昌オリンピックが迫り、南北の融和ムードが高まっていますが、核・ミサイル問題の今後は予断を許しません。フォトジャーナリストの伊藤孝司さんをお迎えして昨年末に開催した「緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点」では、朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で作られた、日本初公開の朝鮮戦争の記録映像
を交えて今の危機の原因を歴史から解き明かしました。
 その第二弾として、今回は、米朝関係が今のように危機的状況になった「原点」とも言えるプエブロ号事件(※1)の日本初公開映像も交えて、改めて米朝関係を振り返りつつ、日朝関係についても歴史を
たどりながら、日本が今後、取るべき道を探ります。

◆日時 2018年2月5日(月) 13:30 - 17:30
◆場所 参議院議員会館講堂
     千代田区永田町2-1-1
     地図 http://bb-building.net/tokyo/deta/457.html
     最寄駅 東京メトロ 永田町、国会議事堂前駅
◆プログラム
◇講 演 「米朝危機の歴史的経緯と日朝の課題」
        伊藤孝司(フォトジャーナリスト)
◇映像上映「廃墟の上に立ち上がった朝鮮」
        (1967年ごろに北朝鮮で制作、30分、日本語版)
     「米帝侵略軍の武装スパイ船 プエブロ号」
        (平壌市内の普通江(ポトンガン)に係留されているプエブロ号艦内で上映されている映像の日本語版、15分)
       ※米朝関係が今のように危機的状況になった「原点」を理解していただける映像です。
◇対 談 「朝鮮映画と日本」
       カナリオ企画代表取締役 小林正夫 & 伊藤孝司
◇民間交流紹介 「南北コリアと日本のともだち展」
◇朝鮮半島の平和に向けてのメッセージ

※終了後に交流会を予定しています。

◆主催 NPO法人世界ヒバクシャ展
◆資料代 1000円(学生は500円)
◆お申し込み 下記申し込みフォームからお申し込みください。
        https://form.os7.biz/f/1dc21f1e/
◆お問い合わせ 080-3558-3369(安在) hibakushaten@gmail.com

※1 プエブロ号事件 1968年にアメリカ海軍の情報収集艦プエブロが朝鮮民主主義人民共和国に拿捕された事件。乗組員は解放されたが、船体は平壌市内に展示されている。

※出演者の紹介
◇伊藤孝司 フォトジャーナリストとして、アジアの民衆の立場から、日本軍「慰安婦」など過去の日本の植民地支配や戦争によって被害を受けたアジアの人々や、日本が行っている日本国内やアジア諸国などでの大規模な環境破壊を長年にわたって取材しています。
WEB 「伊藤孝司の仕事」 http://www.jca.apc.org/~earth/
   「平壌日記」 http://kodawarijournalist.blog.fc2.com/
   「ヒロシマ・ピョンヤン」 http://www.jca.apc.org/~earth/iinkai.html
◇小林正夫 「大映」「トクマ・エンタープライズ」の取締役を経てカナリオ企画を設立。1997年に日朝合作映画「高麗女人拳士」を制作。

北朝鮮残留日本人の波乱に満ちた84年間を記事

 『週刊金曜日』2017年12月8日号(同日発売)に、「大国に翻弄され続けた“最後の朝鮮残留日本人”荒井琉璃子さん(84歳)」と題した記事を6頁で掲載する。

荒井さん
荒井琉璃子さん(2017年8月10日撮影)

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の咸興(ハムフン)市で暮らす荒井さんを、4日間にわたってインタビュー。そのすべての文字起こしを元に、日本・ソ連・米国という大国に翻弄され、帰国の機会を3回も逃した荒井さんの波乱に満ちた84年間を描いている。

北朝鮮残留日本人番組 CS・インターネット放送案内

 テレビ朝日系列「テレメンタリー2017」の「あの日のりんご ~北朝鮮唯一の残留日本人~」は地上波での放送を終了。この後、次のように放送される。

荒井琉璃子と孫
残留日本人・荒井琉璃子さんと孫(2017年8月8日撮影)

<CS放送>
テレ朝チャンネル2  11月24日(火)9:45~10:10

<インターネット放送>
Abema news  11月4日(土)17:30~/11月5日(日)11:30~

放送案内 北朝鮮唯一の残留日本人

 今年8月の14日間にわたる北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)取材のメインテーマだった残留日本人について、テレビ放送の日時が確定した。

荒井さん
取材した荒井琉璃子さん(2017年8月7日撮影)

 北朝鮮に残留する日本人の取材は、3年前に計画して交渉をしてきた。今年4月に咸興(ハムン)市在住の荒井琉璃子さんの存在が明らかになり、いくつかのテレビ局が特集番組制作の計画を進めてきた。そうした中でいち早く、私の単独取材が認められた。歴史の闇に消えようとしていた北朝鮮残留日本人の記録を、かろうじて残すことが出来た。

     ====================

テレメンタリー2017
「あの日のりんご ~北朝鮮唯一の残留日本人~」

終戦からずっと北朝鮮で暮らしている日本人女性がいる。荒井琉璃子さん、84歳。残留日本人の多くが高齢化で亡くなる中、唯一、その存在を知られているのが荒井さんだ。今回、特別に許可を得て単独取材を行うことに成功。なぜ荒井さんは帰国できなかったのか。荒井さんの運命を大きく分けたのは、“りんご”だった。現在は、息子と孫夫婦、ひ孫の5人で暮らす荒井さん。「早く国交が正常化してほしい」。国家間の争いに翻弄され続けた一人の女性の人生を追った。
撮影・取材:伊藤孝司/制作:朝日放送

<放送日時>
※放送時間は都合により変更になる場合があります。
=地上波放送=
 テレビ朝日 10月15日日曜日0430~0500
      http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
 北海道テレビ放送(HTB) 10月21日土曜日2530~2600
 青森朝日放送(ABA) 10月16日月曜日2605~2635
 岩手朝日放送(IAT)  10月22日日曜日2615~2645
 東日本放送(KHB) 10月17日火曜日2556~2626
 秋田朝日放送(AAB) 10月21日土曜日2555~2635
 山形テレビ(YTS) 10月14日土曜日2620~2650
 福島放送(KFB) 10月15日日曜日2540~2610
 新潟テレビ21(UX)  10月14日土曜日0520~0550
 長野朝日放送(abn) 10月14日土曜日2600~2630
 静岡朝日テレビ(SATV) 10月16日月曜日2625~2655
 北陸朝日放送(HAB) 10月15日日曜日2615~2645
 メ~テレ 10月19日木曜日0429~0455
 朝日放送(ABC) 10月15日日曜日0455~0525
 広島ホームテレビ(HOME) 10月16日月曜日2625~2655
 山口朝日放送(yab) 10月16日月曜日2541~2611
 瀬戸内海放送(KSB) 10月15日日曜日0550~0620
 愛媛朝日テレビ(eat) 10月20日金曜日0425~0455
 九州朝日放送(KBC) 10月22日日曜日2640~2710
 長崎文化放送(NCC) 10月15日日曜日0450~0520
 熊本朝日放送(KAB) 10月16日月曜日2615~2645
 大分朝日放送(OAB) 10月16日月曜日2615~2645
 鹿児島放送(KKB) 10月15日日曜日0520~0550
 琉球朝日放送(QAB) 10月15日日曜日2535~2605
=CS放送=
 テレ朝チャンネル2 11月24日(火)9:45~10:10

北朝鮮各地で15日間の単独取材を敢行!

 6月15日~30日まで、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の平壌(ピョンヤン)・清津(チョンジン)・羅先(ラソン)などで、単独取材を行いました。

平壌空港第2ターミナル
7月1日から営業を開始した平壌空港第2ターミナル(2015年6月16日撮影)

ロシア料理店のボルシチ
羅先市のロシア料理店のボルシチ(2015年6月22日撮影)

 この取材は、いくつかのメディアで発表する予定です。当ブログなどで事前にお知らせします。

e_04.gif

北朝鮮取材のブログ始めました!

 おっかなびっくりで「1度だけ」と思って取材に行った北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)。ところが、日本の隣国でありながらあまりにも知られていないこの国は、ジャーナリストの好奇心をひどくかき立てたのです。そしてこの国の姿を、少しでも国際社会へ正確に伝えることの必要性も痛感しました。
 それまでにいろんな国で、多様な思想・文化や社会体制を見てきた私は、北朝鮮に予断や偏見を持たずに接することが出来たのです。結局、大変な苦労をしながらも北朝鮮各地でさまざまな取材を次々と行い、マスメディアで発表してきました。

 このブログでは、北朝鮮での最新取材の一部をお伝えします。北朝鮮では、事件・事故を含めさまざまな体験をしました。メディアで発表する機会がなかったエピソードや裏話などもご紹介します。お楽しみに。

140430主体思想塔からの金日成広場
主体(チュチェ)思想塔から見た金日成(キム・イルソン)広場(2014年4月30日撮影)

 当然のことですが、このブログの記事と写真は私に著作権があり、日本の「著作権法」と国際条約で保護されています。無断使用することは出来ませんので、ご注意ください。

e_04.gif
広告
広告
広告
プロフィール

こだわりジャーナリスト

Author:こだわりジャーナリスト
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: