正念場を迎えた米朝関係と安倍首相

非常に残念なことだが、米国で朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との対決の歴史を終わらせることができるのはトランプ大統領だけだろう。オバマ前大統領が朝鮮との関係改善のために何もできなかったことを考えるならば、来年末の大統領選で民主党の候補者が勝利しても期待できそうにもない。

マンション群
平壌(ピョンヤン)市の高層マンション群(2019年10月15日撮影)

ただトランプも前回の大統領でのヒラリー・クリントンのように、まさかの敗北をする可能性はある。本格的な選挙戦に突入すれば、朝鮮との極めて困難かつデリケートな外交交渉をする余裕はなくなる。

それからすれば、遅くても年内に実務者協議を行ない、年明けには首脳会談を実現させる必要がある。もちろん、会っても大きな合意ができなければ意味はない。

朝鮮にとって今は、1948年の建国以来の最大の正念場である。米国との交渉が不発に終わったならば、2017年と同じ極めて厳しい対立関係に再び陥る可能性がある。朝鮮が、米国本土まで届く弾道ミサイルとそれに搭載できる小型核兵器を確実に完成させた今、極度の軍事的緊張状態になれば米軍の先制攻撃があり得るからだ。

昨年と今年の6回の取材で、朝鮮は国だけでなく国民も必死になって経済発展のために努力している姿を見た。だが、米国との戦争は誰も望んではいないものの、米国に屈するような道を選ばないのも確かだ。

米朝が合意点を探り、丁々発止の駆け引きを繰り広げているにもかかわらず、日本国内ではほとんど関心が持たれていない。日本も戦争に巻き込まれるかも知れないという2年前をすっかり忘れている。

安部首相は韓国に対して、関係悪化の原因はすべて韓国にあり日本が妥協することはいささかもないという頑なな姿勢である。そして、重大な岐路にある朝鮮情勢に対して何の関与もしようとしていない。日本の支配から離れた朝鮮半島に対し、異常な冷淡さを続けてきた。それは安倍首相が、偏狭な歴史観に基づく外交をしているからだ。

「キムチ冷蔵庫」から見えた朝鮮と韓国

同人誌「追伸」(発行:追伸舎)第4号に掲載したエッセイを紹介する。

             *

朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の咸興(ハムン)市を、2017年から7回も訪れた。悪路を高速走行して5時間なのでかなりきつい。1959年に始まった在日朝鮮人の帰国事業で、朝鮮人の夫と共に海を渡った日本人妻たちを取材するためだ。

ここで暮らす中本愛子さん(87)は「死ぬ前に妹と会いたい」と語り、51年前に届いた手紙を見せてくれた。そこに記されていた住所から辿り、熊本市内でその妹を探し出した。昨年6月に妹とその息子を咸興市へお連れし、58年ぶりの劇的な再会が実現した。

今年7月には愛子さんの孫息子の結婚式に出席するため、妹は再び咸興へ。お祝い品を日本から持って行きたかったが、日本政府の独自制裁で一切の輸出入を禁止しているので断念。そのため、咸興市内で買うことになった。

DSC_1221.jpg
結婚式で歌う新郎新婦(2019年7月31日撮影)

訪れた商店は、あいにくの停電。中は薄暗くて暑い。その一角に、たくさんの冷蔵庫が並んでいる。日本で一般的な縦長の冷蔵庫だけでなく、横長で上から出し入れするものがたくさんある。冷蔵庫というより冷凍庫なのだという。これはかつて見たことがある! しかもこの冷蔵庫には、強烈な体験が絡みついている。

1991年8月、韓国(大韓民国)で金学順(キム・ハクスン)さんが日本軍によって性奴隷にされたことを告発。10月に金さんをインタビューした私は、同じ被害を受けた女性たちの取材を始めた。

翌年4月に、ソウル市の南側に位置する城南(ソンナム)市で暮らす沈美子(シム・ミジャ)さんを訪ねた。彼女は他の被害女性よりも日本人である私に厳しく、体験を少し話しては「今の話をどう思うか!」と厳しい口調で問い質すのだ。

それでも私は、その驚くべき体験を知りたくて通い続けた。次第に信頼されるようになり、亡くなる2008年までに16回も会うことになった。

その美子さんの家の台所には、見慣れぬ“大きな箱”が置かれていた。蓋を開けて中を見せてもらう。そこにあったのは、プラスチック容器に入ったたくさんのキムチ。何とこれは、キムチ専用の冷蔵庫なのだ。「韓国にはこのようなものがあるのか」と甚く感心した。家庭での普及率は、約60パーセント。キムチの発酵と保存に最適なマイナス1度だけでなく、マイナス18度に設定できる製品もあるという。

咸興市の冷蔵庫売り場で感傷的になっていた私は、一気に現実へ引き戻された。「キムチ冷蔵庫」が朝鮮で販売されている理由に気づいたからだ。この冷蔵庫はかなり強力に冷やすことができるだけでなく、上から出し入れするので冷気が逃げにくい。

朝鮮の停電は、時間を決めて電気を止める計画停電。そのためこの冷蔵庫であれば、停電になってもしばらくは食品を冷えたまま保つことができるのだ。

水力発電所の建設などで電力事情は改善されつつあるものの、停電はまだ解消できずにいる。庶民にとって高価な「キムチ冷蔵庫」は、贅沢品というよりは生活必需品になりつつあるようだ。結婚祝いでこれを贈られた新婚カップルは、どんなものを入れているのだろうか。

「無条件」首脳会談を求めながら 朝鮮渡航者への「制裁強化」

「週刊金曜日」2019年10月4日号に掲載した記事を紹介する。
                ◇
安倍晋三首相は朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)に対し、拉致問題の進展を前提としない首脳会談を呼び掛けている。ところが一方では今年になり、独自制裁の強化ともいえる措置を次々と実施している。

日本政府は朝鮮への独自制裁の一つとして「外国為替及び外国貿易法(外為法)」によって、一切の輸出入を禁じている。

福岡県警は7月11日、19歳の少年が朝鮮で製造されたビールを経済産業大臣の承認を得ずに輸入したとして外為法違反の容疑で書類送検した。少年は「大同江(テドンガン)ビール」1本を200~300円で中国・上海において購入し、日本へ持ち込んだ
という。このようなことでさえ“犯罪”として摘発するのは異常である。

また政府は、朝鮮から日本へ戻った人に対する空港の税関での徹底した荷物検査を続けている。財務省の機関である税関が、経産省からの依頼を受けて実施。朝鮮そのものへの考えられるすべての制裁措置を実施してしまい、朝鮮への渡航者という個人への嫌がらせとして行なわれている。

対象となる「輸出入」は、数百万円から数億円のような規模のものと誰もが思うだろう。ところが税関は、極めて安価なものでさえ没収してきた。

2018年6月、関西空港の大阪税関は「神戸朝鮮高級学校」の生徒62人全員の荷物検査を実施し、18人から民芸品や化粧品など多数を没収した(「週刊金曜日」18年7月13日号」参照)。

私は帰国時の税関で、トランクを開けての検査を毎回のようにされている。それは形式的なものではなく、明らかに汚れ物が入っていると分かるビニール袋まで念入りに調べるほど厳しいものだ。関空での没収事件でも、女子生徒の下着を一着ずつ確認したという。このように税関の朝鮮渡航者への対応は、日本と敵対する国から戻った人を完全に犯罪者扱いしている。

●11個以上なら税関で土産品没収
この税関での没収が、さらに強化されていることが分かった。8月10日、朝鮮から羽田空港へ戻った「千葉朝鮮初中級学校」校長の金有燮(キム・ユソプ)さんが、朝鮮で暮らす親戚からの土産品を東京税関に没収された。缶ビール2本・乾燥ワラビ2袋・フェイスパック2箱と切手セット1冊品の合計7点。金さんは、千葉県内の市民らで構成された「千葉朝鮮学校を支える県民ネットワーク」のメンバーらと8人で訪朝していた。

財務省支払許可証
伊藤へ送られてきた財務省の「支払許可証」(撮影/伊藤孝司)

税関は没収の判断に迷う場合、経産省へ問い合わせをしている。金さんの場合はそのために15分ほど待たされ、「親戚からの土産品の持ち込みは10個が上限」との経産省の見解を告げられた。

「在日本朝鮮人人権協会」によると「持ち込み10個まで」という基準は、関空での没収事件後に設けられたという。この時、抗議の声が高まったため、9月になって没収品は返却された。経産省はそれに懲りたのか、何の根拠もない「10個」という基準を設けたのだろう。

金さんが8月13日に経産省へ直接問い合わせたところ「親戚からもらったものは、例外として10個までの持ち込みが認められることがある」との説明だった。つまり、10個以下ならばいつでも持ち込めるということではないのだ。それまでは税関職員によってはまったく没収をしなかったケースもあったのを、10個以上は没収するという基準を設けたのである。

「県民ネットワーク」は8月19日、安倍首相あての「土産品没収に対する抗議と要請」を発表。「羽田空港における所持品検査と土産品の没収は、草の根レベルの友好親善を踏みにじり、日朝関係の緊張緩和と東アジアの平和構築の動きにも逆行」と批判。そして土産品の返還と謝罪だけでなく、没収の根拠となっている朝鮮に対する独自制裁の解除を求めている。

●財務省が始めた新しい嫌がらせ
日本の朝鮮への独自制裁のうち「モノ」の移動を取り締まるのが経産省で、「カネ」については財務省が担当。10年から、朝鮮へ10万円以上の現金・小切手などを持ち出すには「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」 の税関への提出が義務付けられている。

今年2月くらいから財務省は、驚くべき措置を始めた。日本人の朝鮮への渡航者は、中国・ロシアなどにある朝鮮の大使館・領事館でビザ(査証)を取得する必要がある。現在の中国でのビザ発給費用は270元(約4300円)。

財務省はこの支払いについて、外為法に基づく許可申請が必要だと言い出したのだ。「許可無く査証代金を支払ったことが判明した場合には、その者からの次回申請については、 一切の許可を与えないことを想定している」としている。

朝鮮への渡航予定者は「許可申請書」を3部作成し、日本銀行へ送付。すると担当者から本人確認のための電話がかかり、財務省から「財務大臣 麻生太郎」の名前で許可証が送られてくる。そして帰国後は、ビザ代金の領収書コピーを「支払い報告書」とともに財務省へ提出するのである。

ところが、それだけでは終わらなかった。私は9月20日に、この措置の開始から3回目の「許可申請書」を送付。すると今回初めて、財務省の担当部署である国際局調査課外国為替室から27日に電話があった。

今回は出発までに日数が少ないため必要ないが、次回からはビザ代金だけでなく朝鮮現地での取材経費についても申請するようにというのだ。滞在に必要なホテル代や飲食代は対象にならないが、車両チャーター代やガイドへの支払いも事前の支払い許可が必要だとした。

そうなれば取材だけでなく、友好訪問団や人道支援・交流事業で訪朝する日本人も対象になるだろう。またビザ取得が必要ない在日朝鮮人の、祖国訪問・親族訪問での現地の支払いの一部が滞在費ではないとされれば対象者はいきなり拡大する可能性もある。

朝鮮への独自制裁は、輸入は06年、輸出は09年から全面禁止にするなどかなり前から実施されている。ところが今年になってから、渡航者個人へ新たにこの措置を始めたのだ。日本人渡航者へ実に手間のかかる手続きを強要するこの措置は、朝鮮への新たな制裁として無理やり考え出したものだろう。

そして安倍政権は、10月1日からの幼稚園・保育園・認定子ども園の無償化から、朝鮮学校の付属幼稚班などを対象から外そうとしている。宋日昊(ソンイルホ)朝日国交正常化交渉担当大使は9月18日、金丸信元自民党副総裁の次男の金丸信吾氏と懇談。

大使は、朝鮮高校だけでなく幼稚班も無償化から除外する措置を強く非難。これらが撤回されなければ、関係改善は困難とした。日本政府が独自制裁を解除するどころか強化してきたことが、日朝交渉の最大の障害になっている。

にもかかわらず安倍政権は、今年になってからも、こうした在日朝鮮人への差別政策や朝鮮渡航者への嫌がらせといった制裁強化を次々と始めた。安倍首相が日朝首脳会談に、本気でないことは明らかだ。

平壌から発信! W杯取材は直前にNG

2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選H組の、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)と韓国との試合が、15日午後5時からの「金日成(キム・イルソン)競技場」で開催された。結果は、0ー0で引き分けになった。

W杯看板
普通江ホテルに設置されたW杯試合の看板(2019年10月14日撮影)

この日の午前10時に、凱旋門の上から競技場を撮影。とくに試合のための看板や装飾もなかった。ただ、警備のためのたくさんの警察官の姿があった。

取材のための申請をし、記者腕章も渡された。ところが取材の準備をしてホテルで待機していたところ、午後3時になって一切の取材ができないとの連絡を受けた。韓国の報道陣や応援団を入れなかったために、それに配慮して外国メディアの取材も断ったのかとその時は思った。

ところがそうではなく、まさかの無観客試合。そうであれば、会場内で取材できるはずはない。「朝鮮中央テレビ」での中継もなかった。午後9時頃には、普通江(ポトンガン)ホテルにはFIFAの関係者たちが戻ってきた。

このホテルの入口には、この試合のための英文での看板が2日前に設置され、盛り上がりを感じていた。すべての外国メディアを入れず無観客試合にしたことは、韓国との関係がかなり後退していることの反映であるのは確かだ。

平壌から発信! 仮装した女性たちは何者?

10月10日は朝鮮労働党創建74年で祝日。午前9時前に金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体が安置されている「錦繍山(クムスサン)太陽宮殿」へ到着。

太陽宮殿
「錦繍山太陽宮殿」の前庭で記念写真を撮る人々(2019年10月10日撮影)

ここは木曜日と日曜日に外国人にも公開されるが、それがちょうど祝日と重なった。外国人は150人くらいで、中国人団体観光客もいる。クロークでカメラバッグを預け、長い動く歩道で中へ入る。

およそ1時間後に前庭で出る。記念写真を撮ることだけが認められており、ビデオ撮影はできない。鮮やかな花が咲いているのに、空が曇っているのが残念だ。

牡丹峰(モランボン)は、平壌(ピョンヤン)市内中心部に位置する小高い山。行楽シーズンにはバーベキューをする人で大いににぎわう。私も案内人たちと、アヒル・イカなどの焼肉を始めたものの、聞こえてくるカラオケの音が気になって食事を中断。

モランボンで踊る女性たち
仮装をして踊る女性たち(2019年10月10日撮影)

そこへ行ってみると、いたる所で踊りの輪ができている。とりわけ、かなり年配の女性たちが派手な仮装して踊っているところには人だかりができていた。女性たちはインド人や中国人、少年団の服装をしたりと工夫を凝らしている。話を聞くと、住んでいる場所はまちまちだが、ときどき集まって踊っているという。

さらに奥へ進むと、伝統的家屋の前でたくさんの人が踊っていた。ヨーロッパ人らしき人も何人かいる。そのようすを200人くらいの人が、斜面に座って楽しそうに見ているのだ。

モランボンの人々
踊りを見るたくさんの人(2019年10月10日撮影)

こうした光景は、私がこの国で取材を始めた20年以上前からあった。だがその時と大きく違うのは、人々が気になった光景をスマホで写真撮影するのが日常的になったことだ。
広告
広告
プロフィール

伊藤孝司

Author:伊藤孝司
フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1~3回の訪朝をしています。
掲載写真は、引用先が非表示のものは筆者撮影です。なお、このブログに掲載している映像と文章は日本の「著作権法」と国際的な著作権条約で保護されており、無断使用はできません。転載を希望される場合は、事前にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平壌日記 PYONGYANG DIARY